あなたの職場に陰口をたたく人はいませんか?

働いていると、職場の人間関係に悩みますよね。
ビジネスライクと割り切りたくても、強引に干渉してくる人がいるので難しいです。
特に要注意人物ほど、人の都合を無視してくるものです。

関わると面倒な人に、陰口をたたく人がいます。
どうして陰口をたたくのでしょうか?
陰口をたたく人の心理と、職場で陰口に遭遇した時の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

陰口を叩く人の心理

ストレスのはけ口がない

ストレスのはけ口がないため、陰口をたたいています。
陰口しか、ストレス解消法がないんです。

単に暇なだけです。
他に暇つぶしの方法を知らないため、陰口をたたいています。
自分のためではなく、悪い意味で他人のために時間を使っているんです。

他にコミュニケーション方法を知らない

陰口をたたくことしか、コミュニケーションの取り方を知らないのかもしれません。
限られた人付き合いしか経験がなければ、コミュニケーションの方法も限られます。
話しかけるきっかけを知らないんです。。

職場の陰口の対処法

他人の陰口には付き合わない

他人の陰口には乗らないことが鉄則です。

陰口をたたく人は、基本的に他人を乏しめることでしか不満を発散できない人です。
同意してしまえば仲間に認定され、何度も陰口の同意を求めらるでしょう。
何度も陰口に付き合えば、あなた自身も陰口をたたく人になってしまいます。

陰口に付き合うべきではありません。
しかし、どうどうと否定すれば、あなた自身が陰口のターゲットになってしまいます。
仕事の関係者が陰口を信じてしまえば、仕事に支障が出ます。

陰口に遭遇したときは、あまり相手にせず、聞き流しましょう。
「どうなんでしょう?」と、とぼけてしまうとよいです。

自分の陰口には気にしない

自分の陰口を言われていても、気にしてはいけません。
気にすれば、陰口がエスカレートするためです。

陰口を言う人は、ターゲットの苦しんでいる姿を見て喜びます。
もっと苦しませようとして、陰口をたたくんです。

日々何らかの不満を抱えているけどストレスのはけ口がない人です。
日々を幸せに過ごしている人は陰口なんてたたきません。

陰口をたたく人全員がかわいそうだと思えばいいんです。

ただし、業務に支障が出る場合は上司や相談窓口に相談しましょう。

証拠として録音するのもひとつの手です。

自己防衛であれば、こっそり録音しても嘘をつかない(録音しているのに「録音していない」と言う)限り法律違反になりません。

まとめ

職場の陰口に遭遇したら、自分の立ち位置をぼかして流しましょう。
あまりに陰口がひどい場合は、上司に相談するのもよいです。

陰口が横行すれば、職場の業績にも影響が出ます。
まともな上司ならばすぐに対応してくれるでしょう。
陰口だらけの職場に将来性などないので、退職してしまうのもよいです。

陰口は基本的に無視、仕事に支障が出るときに証拠を集めて反撃するつもりでいましょう。