防音室を自作した時の失敗内容まとめ


ゲーム実況がしたくなったのですが、私の部屋は音が漏れやすいためできません。

部屋の防音性を高めれば解決するかもしれない問題でした。

ダンボッチという手段もありました。

しかし、興味がわいたので、防音室を自作することにしました。

使用した材料と費用、失敗内容などを紹介します。

スポンサードリンク

防音室

詳細

外寸
幅785mm 奥行910mm 高さ(1935.5 + サイレンサーの高さ + 換気扇の高さ)mm

内寸
幅695mm 奥行820mm 高さ1730mm

重量
約50㎏

DSC_0040

材料一覧

吸音材と遮音シートと換気扇以外はホームセンターで買いました。

総額 ¥54,111
カット代や送料、余分に購入したものの代金を省いています。

使用した工具

  • 木工用ボンド
  • カッター
  • のこぎり
  • 彫刻刀
  • ドライバー
  • ドリル
  • やすり
  • 金槌
  • 木槌
  • クランプ

隅金が想定よりもずっと頑丈でした。

パネルの組み方次第では、薄くて小さなものでも大丈夫のようですね。

木材を運ぶ手段がない方はこちらで購入とカットをお願いすると楽です。

いい感じの金具が見つからない方はこちらで購入してみてはいかがでしょう。

概要

参考サイトはこちらです。
防音室を作りたい方のためにうちの防音室のスペックとか費用とか設計図とか道具とか色々書いてみます

防音室を作りたい方のためにうちの防音室のスペックとか費用とか設計図とか道具とか色々書いてみます

今回、吸音材にポリエステル(eフェルト)を、遮音材に遮音シートを使いました。

吸音材にグラスウールを、遮音材に石膏ボードを使えば安上がりになると思います。

ただし、捨てるときにはきちんと分解しないと産業廃棄物扱いになります。

グラスウールを捨てるときの扱いは、燃えないごみか産業廃棄物か地域によって分かれるようです。

産業廃棄物扱いになると粗大ごみや燃えるごみより廃棄代が高いですし、地球に優しくありません。

捨てる時を考えて防音材を選びました。

重さは計測していないので予想値です。

内寸を計算すると約0.27畳ですか。

狭いはずですね。

設計の失敗

木材規格の知識不足

防音室の設計をするとき、私は完全に忘れていました。

木材には規格があるということを。

少し考えれば当たり前のことですが、板にも角材にも規格があります。

規格がなければ材料の発注に困ってしまうでしょう。

設計するときは、先に最寄りのホームセンターに行って、材料の規格を確認しましょう。

私が最初に設計したとき、角材の幅と奥行きは45mm×45mmでした。

これはホームセンターにありましたので問題ありません。

しかし、板のほうは高さ2,000mm、奥行1,000mmで設計してしまいました。

板の規格は1820mm×910mmが基本です。

労力を減らしたかったので、一度帰宅し、規格に沿って設計を修正しました。

ちなみに、カット済みの板だと900mm×900mmが多いようです。

板材などの厚みの計算もれ

設計するときに板材や遮音シートの厚みを計算に入れ忘れました。

内壁には有孔ボードを選びました。
有孔ボードの厚みは一般的に5.5mmです。
(4mmもあるけど最寄りのホームセンターにはカット済みの小さいものしかありませんでした。)

外壁にはベニヤ板に遮音シートを張り合わせました。

ベニヤ板は厚さが3mmのものを選びました。
遮音シートの厚さが1mmです。

つまり壁板の厚さの合計は9.5mm。

両サイドで19mmの誤差になります。

誤差が大きすぎるので、ホームセンターでカットしてもらった板を泣く泣く切りなおしました。

パネルづくりの失敗

板と角材の接着

板と角材を接着するとき、最初のうちは釘を使いませんでした。

接着の時にパネル通しを金具でネジ止めするので、釘とネジの接触を恐れたのです。

そのためクランプを使っていたのですが、角材がずれてしまいます。

床パネルを作っていた時にずれに気付かず、隙間ができてしまいました。

遮音シートと角材を接着しようとしても隙間だらけになる始末。

結局、接着剤を塗った後、細い釘で止めることにしました。

材料の寸法の確認漏れ

規格があるといっても、板も角材も寸法は大まかなものです。

組み立てる前に寸法を確認しましょう。

ホームセンターでカットしてもらったものは問題ありませんでした。

問題は買ったものをそのまま使う場合です。

角材の長さは1,820mmだったのですが、有孔ボードの長さが1,825mmでした。

ホームセンターでは有孔ボードの寸法が1,820mm×910mmと表記されていたはずですけどね。

このことに気づいたのは有孔ボードと角材を接着した後だたので大慌て。

やむを得ず角材の余りを小さく切ってつぎ足しました。

下穴の開け忘れ

天井には換気扇とサイレンサーをつけます。

換気扇とサイレンサーの重さで天井の板が割れるのではないかと心配でした。

なので角材と釘で補強しようとしたんです。

そこで下穴を開け忘れてさあ大変。

釘を打っているときに天井の枠の角材が割れてしまいました。

長い釘を打つときには下穴を開けましょう。

配線関連

防音室の自作の方法をネットで調べていると、配線にコンセントボックスを使用する例が多く見られます。

壁に開ける穴を小さくできるので良い手段だと思います。

しかし、コンセントボックスを買ってから気づきました。

設置には電気工事士の資格が必要だということを。

部屋の中で工作するようなものなのでこっそりやってもいいかなとも思いました。

しかし、コンセントボックスの配線に何を使えばいいかわかりません。

結局、延長コードを切断し、壁の穴に通してからカシメでつなぎ直しました。

完成後に気づいた失敗

想定外の狭さ

できあがってみたらびっくりしました。

小型の机と椅子がギリギリ入る程度の広さだったんです。

椅子を引く空間すらありません。
DSC_0039

設計図を板の規格に合わせ過ぎました。

接着剤の臭さ

作業中は気づきませんでしたが、部屋で組み立てて驚きました。

接着剤の臭さがひどかったんです。

原因は接着剤に含まれるホルムアルデヒドです。

ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因になります。

気になる人はシックハウス対策用のスプレーを用意しておくといいでしょう。

茶殻に吸着させたり、空気清浄機を使うのもいいと思います。

ドアの上の隙間

ドアが想定よりもだいぶ小さくなってしまいました。

上の隙間が1cm以上も空くという事態です。

DSC_0040

有孔ボードの長さが設計時と違っていたにもかかわらず、ドアの再設計をしなかったたことが原因でしょう。

この隙間を埋めるために、ドア枠の木材をドアの上の部分にも取り付け、防音テープをドアとドア枠の両方につけました。

まとめ

ちゃんと知識があれば回避できそうな失敗をいろいろとやらかしました。

無駄な買い物も1万円分くらいした気がします。

しかし、そこそこ防音してくれるものができました。

防音室のドアと自室のドアを両方とも閉めれば、音楽を大音量で流してもあまり聴こえないほどです。

備考

ドアにシリンダー式のドアノブではなく、かんぬきをつければ少し楽ができたかもしれません。

記事を書いてて思いついた言葉

調査のために行動しないよりましだが、せめて知識のある人に聞いてから動くべき


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。