AGAを治療したい~フィンペシアの飲み方


ミノキシジルと並んでAGAの有力な治療薬がプロペシアです。
そのプロペシアと同等の効果を持ち値段を抑えたものが、フィンペシアです。

フィンペシアの飲み方と適量、副作用について紹介します。

スポンサードリンク

フィンペシアとは

フィンペシアとは、プロペシアと同等の効果を持つジェネリック医薬品です。
AGA(男性型脱毛症)に有効なフィナステリドを含んでいます。

「フィンネシアはプロペシアのジェネリック医薬品ではない」と説明するサイトもあります。
しかし、これはジェネリック医薬品の定義の問題です。
成分には問題ありません。

販売サイトには、説明文にキノリンイエローの有無を記載しているところもあります。
キノリンイエローは発がん性があるという噂があります。
しかし、真偽のほどは不明です。
特に気にしなくてよいと思います。

フィナステリドがAGA治療に有効な理由

フィナステリドがAGA治療に有効な理由は、DHT(ジヒドロテストステロン)の生産を抑えるためです。

DHTとは、男性ホルモンであるテストステロンが変化したものです。
毛髪のもととなる細胞の働きを低下させる作用があります。
これだけ聞くと有害に聞こえます。
しかし、DHTには、骨や筋肉、精子の製造など、男性の体を作るために重要な働きがあります。
髪には悪影響というだけなのです。

フィナステリドは、2型5アルファリダクターゼの生産を阻害する働きがあります。
2型5アルファリダクターゼの生産を抑えることでDHTを減らし、薄毛予防につなげるということです。

飲み方

1日1㎎が上限です。
1mg錠を1錠だけ飲みましょう。
体調に影響が出た時は、砕いて1日の量を減らしましょう。

なお、女性と未成年は服用禁止です

副作用

フィンペシアの副作用は、性機能に悪影響を与えるものです。
しかし、発生率はとても低い(2パーセント未満)です。
この発生率もある程度の外的要因(自信喪失)等を含んでいるかもしれません。
特に気にしなくてよいでしょう。

まとめ

フィンペシアはプロペシアと似た成分のAGA治療薬です。
有効成分フィナステリドがDHTの生産を抑えることで、AGAの治療につながります。
1日1錠までです
副作用はほとんど発生しません。

フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。