湿布の違いと使い道ー肩こりからダイエットまで


肩こり・腰痛から健康法やダイエットまで、湿布には様々な使い方があります。
湿布にも温湿布と冷湿布があり、どちらを使えばよいか迷うこともあるでしょう。

どんな時にどちらを使うと良いのでしょうか?

スポンサードリンク

温湿布と冷湿布の違いは体感温度だけ

湿布には温湿布と冷湿布があります。
どっちを使えばよいか、悩みませんか?

実は、温湿布と冷湿布の違いは体感温度に作用するものだけです。

大抵の湿布に含まれている成分は、以下のいずれかのはずです。
鎮痛作用を持つ「サリチル酸メチル」
消炎作用を持つ「dl-カンフル」「インドメタシン」「フェルビナク」

これらはどちらも血行を良くして痛みを緩和させるための成分です。
温湿布と冷湿布のどちらにも含まれています。

温湿布と冷湿布の成分の違いは以下の通りです。

温湿布:トウガラシエキス(温かく感じる成分)

冷湿布:メントール(冷たく感じる成分)

つまり、体感温度の違いしかありません。

肩こり、腰痛など湿布の使い分け

では、肩こりや腰痛などでは温湿布と冷湿布のどちらを使えばよいのでしょうか?

患部が熱を持っていたり、急な痛みには冷湿布のほうが良いようです。

逆に慢性的な肩こりなどの場合は少しでも血行を良くするために温湿布を使うようです。

しかし、成分がほとんど変わらないため、どっちでも問題ないようです。
痛みが引いているように感じる方をお選びください。

なお、筋肉痛に湿布は意味がないそうです。

湿布を使った健康法やダイエット法

湿布を使った健康法やダイエット法について紹介します。

小指湿布健康法

小指は脳神経の経路を活性化させるとともに、首の筋肉をリラックスさせる効果があるようです。
首のの筋肉をリラックスさせることで、首を走っている神経もリラックスできます。
自律神経のひとつである交感神経もリラックスできるというわけです。

期待できる効果は以下の通りです。

  • 肩こり、頭痛、関節痛の解消
  • 寝付きがよくなり、ぐっすり眠れるようになる
  • めまい、耳鳴り、手のふるえの改善
  • 花粉症の軽減

上記の内容は、筋肉のリラックスや自律神経を整えた結果から導き出せます。

方法は簡単です。
手の小指の第1関節と第2関節の間に湿布(冷湿布がおすすめ)を貼り、はがれないように絆創膏などで固定するだけです。

肩こりの人はこる方の手に、そうでない人は両手にしてみてください。

足裏湿布ダイエット

足の裏はツボの集合体です。

直したいところのツボに湿布を張りましょう。
冷湿布がおすすめですが、冷え性の人は温湿布でも問題ありません。

ダイエット効果を狙う場合は以下の二か所に湿布を貼りましょう。

「甲状腺のツボ」
足の第2指から、第4指のつけ根の下の部分です。
甲状腺の働きを活発にして、脂肪の代謝をよくします。

「腎臓と腸のツボ」
足の裏の中央より少し下です。
腎臓の働きを活発にして水太りやむくみを解消し、腸の働きを活発にして便秘を解消します。

部分痩せダイエット

湿布を使った部分痩せとして以下の2つがあるようです。

  • 細胞の余分な脂肪や老廃物、水分のかたまりである「セルライト」を除去する。
  • 褐色脂肪細胞を刺激して白色脂肪細胞を燃焼する

ただし、どちらも少々怪しいところがあります。

まず、セルライト関連の話です。
部分やせ湿布ダイエットの方法と効果では、「薬草エキスのしみ込んだ湿布でセルライトを除去する」というようなことが書かれています。
しかし、肝心の薬草エキス入りの湿布がありません。(パッチメーグルという製品が昔あったらしいです)

「湿布にして使うのが有効」と提案しているだけで、実現性がありません。
もし実行したいのであれば、薬草エキス入り湿布を自分で作らなければなりません。

次に褐色脂肪細胞関連の話です。
ペタっと貼るだけ部分痩せ?夏にぴったりひんやり湿布ダイエットでは、「冷たくなった部分の褐色細胞が活性化して体脂肪を燃焼させる」というようなことが書かれています。
しかし、褐色脂肪細胞は首周りや肩甲骨にある脂肪です。

一般的な部分痩せしたい場所には褐色脂肪細胞がないので、部分痩せできません。

部分痩せについては信憑性が低いという結論で締めさせていただきます。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。