立ち仕事で足が痛くなる理由と対処法


立ち仕事をしていると足が痛くなりますよね。

でも、長時間の立ち仕事が苦でない人もいます。

立ち仕事で足が痛くなるのはなぜでしょう?

そして、どんな対処法があるのでしょうか?

スポンサードリンク

立ち仕事で足が痛くなる理由

立ち仕事で足が痛くなる理由は主に血流の悪化です。

筋肉の長期の緊張状態などにより血流が悪くなります。
血流が悪くなることで疲労物質が足にたまり、足が痛くなるのです。

また、足に余計な負荷をかけているのも、足が痛くなる原因です。
足に負荷が集まれば疲労もたまって痛くなります。

足を疲れにくくする方法

姿勢をよくする

片方の足に体重をかけて立つ癖のある人や仕事で前かがみの姿勢にならざるを得ない人も多いと思います。

しかし、姿勢が悪いと筋肉や関節に余計な負荷がかかります。

余計な負荷がかかるということは、疲れなくてもいいときに無駄に疲れるということです。

無駄に疲れるなんて大損です。

姿勢を良くして負荷を分散させましょう。

骨で立つようなイメージでいれば良いと思います。

適度に動かす

いくら正しい姿勢でも、何時間も維持していれば血流が悪くなります。

いくら負荷を分散しても、血流が悪くなれば足が痛くなります。

定期的に足を動かして血流を良くしましょう。

片足の足の甲を伸ばしたり、つま先をあげてかかとを伸ばしたり、足首を持って太ももを伸ばしたりと、ストレッチして筋肉をリラックスさせましょう。

屈伸運動をするのもよいです。

足が痛くなった時の対処法

ありがちですが、痛くなった場所の筋肉を伸ばしたりもみほぐすなりして、血の巡りを良くしましょう。
温湿布もよいと思います。

お風呂に入って体を温めましょう。
シャワーよりもお風呂のほうが疲れが取れます。
体が温まれば血流が良くなりますし、水の中なら水圧と浮力で筋肉の疲れが取れてリラックスできます。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。