熱中症を予防するために気を付けたい飲み物


夏が近づくにつれて気を付けなければならないことがあります。
それは熱中症です。

熱中症対策として、こまめな水分補給が大事です。

しかし、水分補給と言っても、飲み物の成分や飲み方に気を付けなければ、かえって体調を崩してしまいます。

熱中症予防のために気を付けたい飲み物を列挙します。

スポンサードリンク

緑茶やコーヒー

緑茶やコーヒーは熱中症対策には向いていません。

理由はカフェインが含まれるためです。
カフェインの利尿作用により、飲んだ水分の多くが出て行ってしまいます。

なお、麦茶にはカフェインが含まれていません。
体を冷やす効果があってミネラルも補給できるので、熱中症対策におすすめです。

アルコール

アルコールも熱中症対策には向いていません。
アルコールにはカフェインと同じく利尿作用があります。
また、アルコールには体を温める効果もありますので、熱中症対策には特に向いていません。

飲みすぎに注意です。

水を飲みすぎると、血液中のナトリウムの濃度が下がります。
短時間で6リットル以上飲むと水中毒を起こして死に至ることもあります。

汗をかけば、水分だけでなく体のミネラルも足りなくなります。
薄い塩水を用意することがおすすめです。

また、胃液が薄まって食欲が下がり、夏バテにつながります。

ジュース

熱中症対策というよりも飲みすぎに注意しましょう。

ジュースには糖分が含まれています。
熱いからと言って大量に飲めば、体の血糖値が一時的に急上昇します。

スポーツドリンクなどは、飲みすぎて気分がだるくなることがあります。
ペットボトル症候群に注意しましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。