歯磨きの仕方とタイミング


痛みはないけど虫歯ができていたため、歯医者に行きました。
虫歯予防の基本は歯磨きです。

歯磨きを習慣化している人は多いと思います。
しかし、ずっと習慣にしているからこそ、歯磨きに関する知識を更新しそびれてしまうでしょう。

正しい歯磨きの仕方をご存知ですか?
歯磨きの仕方とタイミングについて解説します。

スポンサードリンク

歯磨きの仕方

磨く場所によって歯ブラシの向きを変える

磨く場所によって歯ブラシの向きを変えましょう。

歯と歯の間を磨くときは歯ブラシを縦にしましょう。
歯と歯茎の間を磨くときは歯ブラシを横にしましょう。

歯ブラシをずっと同じ向きにする必要はありません。
同じ向きのままではどれほど工夫をしても磨き残しができてしまうでしょう。
状況に合わせて向きを変えてください。

力を入れず小刻みに磨く

力を入れず、小刻みに磨きましょう。

いくら力を込めても歯垢の取れ具合は変わりません。
むしろ、歯茎を傷つけ、エナメルをはぎ取ってしまいます。
力の入れすぎが虫歯をできやすくしてしまいます。

あまり力を入れず小刻みに動かせば、歯茎やエナメルを損傷させず、隙間にうまくブラシを掛けられます。

磨く面に気を付ける

歯磨きするときには、磨く面に気を付けましょう。
前歯の裏側や奥歯の奥は、歯と歯ブラシの向きを水平にしずらいです。
水平にしずらい位置はブラッシングする歯ブラシの面積が狭くなるため、磨き残しも多くなってしまいます。

前歯が前後に重なっている場合など歯並びの悪い人も注意が必要です。
歯並びに合わせて歯ブラシの向きを変えないと、歯垢を落とし切ることができません。

歯磨きのタイミング

食後の時間にこだわらなくてよい

歯磨きのタイミングは食後の時間にこだわらなくてよいです。

よく、食後3分以内に磨いたほうが良いとか、30分待ったほうが良いと言います。

食後3分以内の根拠は、砂糖水を口に含む実験の結果にあります。
砂糖水を口に含んで約3分経過すると歯が溶け出した、という実験結果があるそうです。

しかし、これでは食後3分ではなく、食事開始から3分になってしまいます。
参考になりません。

食後30分待った方がよいという根拠は、口の中のpH値が中和されるためです。

食後の口の中は酸性になっていて、エナメル質が溶けて柔らかくなっています。
30分待てば唾液で中和され、溶けたエナメル質が復活します。
中和された後ならエナメル質を削り落とす心配が弱まるため、30分待ったほうが良いということです。

しかし、咀嚼回数が少なければあまり唾液は出ず、エナメル質の修復にはカルシウムが必要です。
噛む回数が少なくストレスも多い現代人は、唾液の分泌があまり活発ではありません。
30分では全然足りないでしょう。
エナメル質の損傷を覚悟してでも、早めに磨いたほうが良いかもしれません。

食後何分という考え方はあまり気にしない方がよいでしょう。

最低でも1日2回していればよい

食事のたびに歯磨きしている人もいると思います。
しかし、最低でも1日2回していれば大丈夫です。

歯垢が歯に悪影響を与えるまで、約24時間かかります。
つまり、完全に磨けるのであれば、1日1回でもよいくらいです。
完全に磨くことは不可能なので、最低でも1日2回歯磨きしましょう。

就寝前に歯磨きしたほうが良い

就寝前に一度は歯磨きしたほうが良いです。

就寝中は、口の中の細菌が最も繁殖するときです。
なぜなら、唾液の量が急落するためです。
就寝中の細菌の繁殖を抑えるためには、就寝前に細菌を減らす必要があります。

口内細菌を減らすため、就寝前の歯磨きを忘れずにしましょう。

まとめ

歯ブラシは磨く位置に合わせて向きを変えましょう。

力を入れすぎればかえって虫歯になりやすくなります。
あまり力を籠めず、小刻みに歯ブラシを動かしましょう。

食後何分という歯磨きのタイミングの説は気にしなくてよいです。
とにかく1日2回歯磨きしましょう。
歯磨きをすべきタイミングは就寝前です。

少し考えれば当たり前のことですが、普段の習慣だからこそ見逃してしまいます。
歯磨きの仕方を振り返ってみてください。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。