睡眠時間の長さの悩み~ロングスリーパーの改善方法


ロングスリーパーであることに悩んでいませんか?
流行りのポケモンGOにもスリーパーというモンスターがいますが、こいつは眠らすやつですね。

当然ながら、睡眠時間が長いと日中の活動時間が短くなります。
ロングスリーパーであることに悩む人は、時間を有効活用したい人です。

時間を有効活用するために、どうすれば睡眠時間を減らすことができるでしょうか?

睡眠時間が長くなる理由を説明します。
また、健康に支障が出ない範囲で、睡眠時間を短縮する方法を紹介します。

スポンサードリンク

平均よりも睡眠時間の長い人がロングスリーパー

ロングスリーパーという言葉があります。
ショートスリーパーと区別され、何となく悪そうなイメージを持つかもしれません。
実際には、平均よりも睡眠時間が長いというだけのことです。

一般的に、睡眠時間の平均は約6~9時間です。
ロングスリーパーとは一日の睡眠時間が9時間以上の人を指します。

眠りの浅さが問題

これだけ聞くと、確かに睡眠時間の長さが気になります。
なぜ、睡眠時間が人よりも長くなるのでしょうか?

睡眠時間の長さの理由は、睡眠の浅さです。

睡眠には、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠があります。
ノンレム睡眠は脳を休め、レム睡眠は体を休めます。

眠りにつくと、約90分周期でノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返します。
その周期を繰り返すごとに、ノンレム睡眠時の睡眠の深さは浅くなります。

1回目のノンレム睡眠のときに、最も深く眠ります。
最初の眠りが浅ければ、脳はあまり休めません。

ロングスリーパーは、眠りの浅さを睡眠時間で補っているんです。

眠りの質を高めるためにできること

睡眠時間の短縮には、眠りの質を高めることが重要です。
この辺りは、ショートスリーパーになるための方法とあまり変わりません。
現在よりも睡眠時間を短くすることを目指すという点が同じだからです。

睡眠の質を高める方法は以下の通りです。

  • 朝日を浴びて、体内時計をリセットする
  • 睡眠前にリラックスし、強い光を浴びない
  • 食事のバランスとタイミングに気を付ける

詳細は、寝ても疲れが取れない原因と対処法をご覧ください。

まとめ

ロングスリーパーとは、睡眠時間が9時間以上の人のことです。
睡眠時間が長い理由は、睡眠の浅さを補うためです。
睡眠の質を高めれば、睡眠時間を短くすることができるでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。