肩こりの原因とちょっとした対策


家事やデスクワークをしているときなど、様々な場面で悩まされるのが肩こりです。
年齢も性別も問わず、多くの人が悩まされます。
様々な肩こり解消法も考案されていますが、なかなかよくなりませんよね。

肩こりの原因は何でしょうか?
もう少し簡単な肩こり解消法はないのでしょうか?

スポンサードリンク

肩こりの原因

肩こりの原因は大まかに以下の通りです。

  • 筋肉の疲労
  • 血行不良
  • 疲労物質による末端神経の傷

肩こりの代表的な具体例は姿勢の悪さです。

悪い姿勢を続けていると、特定の筋肉が緊張したままになります。
緊張したままなので疲労がたまります。
疲労物質が作られて末梢神経に傷ができます。
動かさないので血行も悪くなります。

ストレスも肩こりの原因になります。
ストレスで緊張状態になるのですから、姿勢の悪さと同じ流れで肩こりになります。
姿勢の悪さとストレスのダブルパンチで肩こりになったのかもしれませんね。

ちょっとした対策

肩こりにはいろいろな解消法があります。
すでに多くの方法を試したという方もいるでしょう。
それでもなかなか解消しないという人に、ちょっとした肩こり対策を紹介します。

普段から胸を張ることです。
正確には、胸を張ることで肩と腕を少し後ろに移動します。

肩こりで悩む人の多くは、両腕を前に出したまま仕事をしていませんか?
いつも両腕を前にしているため、肩の筋肉の使い方に偏りが出ます。
特定の筋肉に負担が集中するので肩こりになります。

胸を張って両腕と肩を後ろにすることで、普段使っている筋肉を休ませることができます。
胸を張るだけでも、肩こりの痛みが軽減されるはずです。

ストレッチやマッサージも大切です。
その目的は筋肉の緊張を解き、疲労を取り除くことにあります。
使わないことで筋肉を休ませませんか?


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。