夏の暑い日もそうですが、職場の温度が高いなどで汗をかくこともあるでしょう。

汗をかいたときに困ることの1つは、ズボンの張り付くことです。
ひざとズボンが汗で張り付くと、ズボンに引っ張られてひざを曲げられなくなります。

ひざを曲げられないと、しゃがむことができません。
前かがみになり、腰に負担がかかります。
また、座るときにひざが引っ張られてしまいます。

ひざとズボンが汗で張り付くときには、どのように対処すればよいでしょうか。

スポンサーリンク

ズボンのべたつきを落とす

スーツの場合、ズボンがべたついているかもしれません。
クリーニングだと汗のべたつきは落ちないためです。

クリーニング屋にスーツを出すとドライクリーニングされます。
ドライクリーニングは油で洗うクリーニングです。
スーツを着ているときに油汚れなどつきませんよね。
とれるのは塵と埃だけ。
汗などの水溶性の汚れは落ちません。

ズボンのべたつきを落としたいなら、自分で水洗いしたほうが良いです。
もしくは、お店でウェットクリーニングをお願いすれば、汗なども落ちます。

ひざとズボンを直接つけないようにする

ひざとズボンを直接つけないようにすれば、張り付く心配もありません。

ステテコかひざ用サポーターを使いましょう。

ステテコならユニクロなどの服屋で、
ひざ用サポーターはカワチなど薬局で、
それぞれ販売しています。

制汗剤を使うという案もあるようだけど・・・

足に制汗剤を使うという案もあります。

確かに、制汗剤をつければ汗でズボンに張り付くこともないでしょう。

しかし、いくつかネックなところがあります。

制汗剤は汗腺を塞ぐ

制汗剤には汗を抑える「収れん剤」と、雑菌を抑える「抗菌剤」や「殺菌剤」が含まれています。
これらを含むパウダーで汗腺を塞いで、汗とにおいを抑えるのです。

確かに、汗を防げるのでべたつきは抑えられます。
しかし、汗腺を塞いでしまうため、肌に負担がかかります。
頻繁に使うと「かゆみ」「黒ずみ」など、肌に悪影響が出ます。

また、抗菌剤や殺菌剤は、においの原因となる菌だけでなく、常在菌まで抑えてしまいます。
常在菌が減れば、においの原因になる菌が増えやすくなります。

制汗剤をつけるために手間がかかる

制汗剤をつけるためには、ズボンを脱がなければならなりません。
これは非常に手間です。
出かける前につけるか、トイレの個室を使うことになります。

また、制汗剤をつける前に、汗と汚れを拭き取る必要があります。
汗を拭く手間と、汗拭き道具を持ち歩く手間が増えるんです。
つける頻度を減らすために制汗剤を多めにつけることもできますが、衛生的によろしくない状態になります。

ズボンが汗で張り付くときの対処法 まとめ

ズボンのべたつきには、水洗いかステテコを使うのが手軽な対策です。

ズボンが張り付く感じはストレスになります。

ちゃちゃっと対処してしまいましょう。