ショートスリーパーになる方法


ショートスリーパーという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

1日のうち睡眠に使う時間はなかなか多いです。
そんな睡眠時間を短縮できれば、と思う人も多いことでしょう。
しかし、睡眠時間を短くすることに弊害はないのでしょうか?

ショートスリーパーについて解説し、ショートスリーパーになる方法を紹介します。

スポンサードリンク

ショートスリーパーとは

ショートスリーパーとは、短い睡眠時間でも健康でいられる人のことです。
同じく短い睡眠時間で生活している人でも、睡眠不足な人はショートスリーパーではありません。

なお、ショートスリーパーと呼ばれる睡眠時間は諸説あるようです。
3時間以下という人もいれば、6時間以下という人もいます。

ショートスリーパーのデメリット

疲労が取れにくい

睡眠時間を減らすと疲労が取れにくくなります。
脳の疲労回復にかかる時間が6~8時間なのだそうです。

自律神経が乱れやすい

睡眠時間を減らすと、自律神経が乱れやすくなります。

睡眠中は副交感神経が働きます。
睡眠時間を減らすということは、副交感神経を働かせる時間が短くなるということです。

交感神経と副交感神経の働く時間の割合が変わるため、自律神経が乱れやすくなります。

記憶力が下がる

睡眠時間を減らすと、レム睡眠の時間が短くなります。
レム睡眠は夢を見るような浅い睡眠であり、記憶を整理する睡眠です。
ショートスリーパーになると記憶を整理する睡眠時間が短くなり、記憶力が下がります。

方法

起床時間を一定にする

体内時計を安定させるために、起床時間を一定にしましょう。
決まった時間に起きる癖をつければ、多少の睡眠時間の変化は苦になりません。

少しずつ睡眠時間を短くする

2,3週間ごとに30分ずつ睡眠時間を減らしていきましょう。
健康に影響が出ていないか意識してください。

積極的に仮眠をとる

積極的に仮眠をとりましょう。
夜に寝るよりも眠くなった時に寝た方が睡眠の効果が高いです。

内臓に負担を掛けない

食べる量を減らし、胃に負担を掛けない食事を心がけましょう。
内臓に負担をかけないように、食事に気を付けてください。

トリプトファンを摂る

睡眠にはメラトニンというホルモンが深くかかわっています。
メラトニンの材料であるトリプトファンを摂りましょう。
トリプトファンを多く含む食べ物は以下の通りです。

  • ナッツ類
  • 穀類
  • タンパク質(肉・魚・卵・豆・乳製品)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。