何に自己投資すれば良いか


「お金をうまく使いたいけど、何に使えばいいかわからない」
そう考える人がありと思います。

投資する場合、一番効果が見込めるのは自己投資といいます。
しかし、何をすれば自己投資になるのでしょうか。
自己投資のつもりが浪費になっていないか心配になるかもしれません。

何に自己投資すればよいのか。
具体的に考えてみましょう。

スポンサードリンク

自己投資するときに考えるべきこと

上限金額を決めておきましょう。

月にいくらまで自己投資するか、上限を決めておきましょう。
上限を決めておけばどのように使うか真剣に考えるため、浪費になる可能性が下がります。
上限がなければ、これは自己投資だと盲目的に浪費し続けてしまう恐れがあります。

どんな効果が期待できるか具体的に考えましょう。

一見無駄に見えることでも、もしかしたら有効な使い方かもしれません。
多くの人が有効だと言っていることでも、自分には無駄かもしれません。
お金を使うときは、どんな効果が見込めるか具体的に考えましょう。

自己投資の具体例

以下に自己投資と浪費の例を記述します。

食事

自己投資

  • 健康になり体の調子が良くなる。
  • おいしいものを食べて幸せな気分になれる。

浪費

  • 味や触感が嫌いでストレスがたまる。
  • 体に悪く、後で調子が悪くなる。
  • 食べすぎてしまう。

運動

自己投資

  • 体を鍛えられる。
  • ストレスを発散できる。

浪費

  • 続けられなくて備品やスポーツクラブの会員費などが無駄になる。
  • 体の特定の部分に負荷がかかりすぎて、体を壊す。

交流会に参加する

自己投資

  • 将来に備えて人脈を作る。
  • 日常とは違う人と会い、情報交換する。
  • コミュニケーション能力を磨く。

浪費

  • 酒や食事を楽しんだだけ。
  • あまり人と話していない。

読書

自己投資

  • 視野を広げる。
  • 語彙や表現方法を増やす。

浪費

  • 本を買っても読まない。

買い物

自己投資

  • 長く使えるものや使う予定のあるものを買う。
  • 靴や時計など、人格判断の材料にされやすいものを買う。

浪費

  • 見栄を張るためにブランド品の服やカバンを買う。

何が自己投資になるかは人次第

どんな行動でもとらえ方次第で投資にも浪費にもなります。

重要なのは、その人がどのように意識してお金を使うかです。

楽しく幸せに生きるためにも、よく考えてお金を使うようにしましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。