昼寝、していますか?

こんにちは、スコーフです。

昼寝の注目が高まり、昼寝カフェの数も増えていますよね。
昼寝をすると疲れが取れて、午後の眠気も予防できます。
パフォーマンスの向上や睡眠不足の軽減にもなって、いいこと尽くしです。

そんな昼寝の効果をもっと高めたいと思いませんか?
もっと効果的な昼寝のコツを紹介します。

スポンサーリンク

効果的な昼寝の基本

昼寝時間は約20分

昼寝の時間は約20分がベストです。

5分程度じゃ休まりませんし、30分以上だと寝すぎです。
特に、寝すぎると余計に疲れます。

20分程の昼寝なら、深い眠りに入る前なのでスッキリ起きれます。
体内時計を狂わさず、夜の睡眠にもあまり影響しません。
副交感神経を優位にする時間も十分なので、脳も体も休まります。

寝る前にコーヒーを飲む

寝る前にコーヒーを飲むと、スッキリ起きれます。
カフェインが効いてくるタイミングが、効果的な昼寝の時間にマッチするためです。

コーヒーのカフェインには覚醒効果がありますよね。
カフェインの覚醒効果は約30分ほどで現れます。
効果的な昼寝の時間は約20分です。
コーヒーを飲んでからすぐに意識が落ちるわけではありませんよね。
昼寝から起きる、ちょうど良いタイミングでカフェインが効いてくるんです。

座って寝る

昼寝するときは座って寝ることをお勧めします。
寝すぎを防ぐためです。

横になって寝れば、夜に眠る姿勢と同じなのでぐっすり眠れます。
ぐっすり眠れればよく休めますが、寝すぎてしまいやすくなります。
また、ぐっすり眠れるために、夜に眠れなくなります。

座って寝れば、横になった時ほどぐっすり眠れません。
しかし、まったく眠れないわけではないはずです。
適度に昼寝するなら、横になるよりも座ることをオススメします。

また、座って寝ることを習慣にすれば、場所を選ばずに昼寝できます。

もっと効果的な昼寝のコツ

靴を脱ぐ・ベルトを緩める

靴を脱ぎ、ベルトを緩めれば、昼寝の効果が高まります。
身体の締め付けが緩むためです。

締め付けられていれば身体は緊張します。
緊張状態では交感神経が優位になり、

身体の締め付けを緩めれば、副交感神経が優位になりやすくなり、効果的に昼寝ができるようになります。
靴を脱ぐ、ベルトを緩める、きつい上着を脱ぐなど、昼寝の時ぐらいは窮屈な状態から抜け出しましょう。

イヤホンでゆったりした曲調のBGMを聴く

イヤホンでゆったりした曲調のBGMを聴くと良く寝られます。
周囲の騒がしさを中和し、リラックスできるためです。

イヤホンが耳栓代わりになりますし、音に集中したほうが寝やすくなります。
歌詞がなくて自然を感じさせるBGMが良いです。
水の音、特に波の音は心を落ち着けてくれます。

アイマスクをつける

アイマスクをつけると疲労回復効果が高まります。
まぶたに光が当たらないためです。

明るい場所では、目を閉じていてもまぶしく感じます。
目を閉じれば、明るい場所でも目を休ませることはできます。
ただ、暗い場所のほうが目を休めることができるのです。

目の疲労は、脳に大きな影響を与えます。
アイマスクで光を遮れば目を休められ、昼寝の効果が高まるのです。

枕を持参する

昼寝の効果を高めるために、昼寝用の枕を持参しましょう。

職場で昼寝するとき、問題になるのは頭や首ですよね。

机に伏せると、硬くて寝づらいですよね。
座って寝ると、首が前に曲がったままになります。
もしくは、首が安定しなくて眠れません。
横になっても、首のカーブの問題で、夜ほどリラックスできないはずです。

寝る姿勢に合った枕を持参すれば、姿勢ごとの問題を解消できます。
午後の作業に備えて、昼寝用の枕を持参しませんか?

まとめ

効果的な昼寝の基本と、もっと効果的な昼寝のコツを紹介しました

昼寝の効果を高めるためには、リラックスを追求することです
服装を緩め、音楽を聴き、アイマスクをつけ、枕を使う。
ぐっすり眠れるように工夫しましょう。

慣れないうちは、かえって緊張するかもしれません。
しかし、睡眠の質を高めれば良く休めて、起きた後の作業効率も上がります。
もっとぐっすり昼寝しませんか?