趣味、ありますか?

趣味がなくても生きていけます。
しかし、漠然と日々を過ごしていると、日常がつまらないかもしれません。
趣味がないことに劣等感を感じることもあるでしょう。

趣味があれば、趣味のためという目標ができます。

趣味は実に多種多様です。
小さなことでも、少しこだわりを持てば趣味になります。
見逃していた自分の趣味に気づく方法を紹介します。

スポンサーリンク

趣味に気づく方法

些細な楽しみに目を向ける

いつも楽しみにしていることはありませんか?

YouTubeやテレビ、ラジオ、音楽など、何かで暇をつぶしているはずです。
そして暇つぶしのつもりでも、楽しく感じる瞬間がありますよね。
何気ない暇つぶしでも、楽しい瞬間があるなら、立派な趣味です。

ネットをしたりしませんか?
動画を見たりブログやニュースを読んだりしませんか?
漫画を読む、お菓子を食べる、雑談するのも趣味です。

日ごろ何気なくしていることも、時間を忘れるほど遊んだり笑ったりできれば立派な趣味です。

知らず知らずに楽しんでいることはありませんか?

習慣を少しこだわる

食事、睡眠、仕事、風呂、通勤など、習慣にしていることはありませんか?

習慣を少しこだわるだけで趣味になります。

食事なら、おいしい店探しや安くてうまい料理作りなどが趣味になります
睡眠なら、安眠に詳しくなってもいいでしょう。
通勤なら、どのルートが最短でどのルートなら混雑を避けられるか調査するのもよいです。

習慣にしていることを少しこだわってみませんか?

悪いこともやり方を変えれば趣味にできる

世間には悪いことでも、やり方を変えれば受け入れられる趣味になります。

例えば陰口をたたいたり、悪口を言うのも趣味と言えます。
もちろん、褒められた趣味ではありません。
しかし、世の中への不満をネット上に吐き出せばだれかが反応するかもしれません。
一種の炎上マーケティングです。

人の短所を見つけるのが得意なら、ネット小説やブログであら探しをしてみましょう。
ストレス発散につながります。
本気で上達を目指している相手なら欠点を見つけられるため、感謝されるかもしれません。

ただし、ストレスを吐き出したら、短所を長所っぽく言う方法も調べましょう。
短所は長所の見方を変えただけです。
短所を見つけるのが得意な人は、長所を見つけるのもうまいのですから。

長所を見つけてあげる義理なんてない?
思いっきり皮肉を言うとき、長所っぽい表現を使いますよね?
皮肉であることを隠しつつ、褒めてみましょう。
敵を作らずにストレス発散できるはずです。

盗難や暴力は普通なら論外です。
しかし、社会ではライバル会社から社員を引き抜く(人材を盗む)ことがあります。
格闘技なら相手を怪我させることも多いです。

節度とルールを守ってうまく立ち回りましょう。
普通なら悪いことでも認められる場合があります。
ただし、よく考えないと認めてもらえません。
自分をどうしても変えられないときに、手段の一つとして考えましょう。

趣味を大げさに考えていませんか?

趣味がない、つまらないという言葉は、余裕のなさの表れかもしれません。
精神的に追い詰められていたら、何も楽しめないでしょう。
視野も狭くなります。

しっかり休み、運動し、誰かに話を聞いてもらいましょう。
まずは余裕を取り戻すんです。
それでも趣味がない、つまらないと言うのであれば、不満を言うことが趣味になっているだけです。
変わりたいと願い、変わる努力をする必要があります。

自分の趣味に気づくために、以下のサイトを参考にしてはいかがでしょうか?
趣味探し.com
趣味チャンネル

まとめ

趣味に気づく方法について説明しました。

ちょっとした楽しみやいつもの習慣に目を向ければ、趣味は見つかります。

悪いことでもやり方次第では趣味らしくなります。

どんなに些細なごとでも、楽しめればあ趣味になります。

大げさに考えすぎないようにしましょう。