生きていれば辛く苦しいことがあります。
弱音を吐きたくなることもあるでしょう。

弱音を吐くと心が軽くなります。
しかし、簡単に話すこともできないはずです。

弱音を吐くときに気を付けるべきことは何でしょうか?

スポンサーリンク

弱音を吐くこと自体は悪いことではないけれど

弱音を吐くこと自体は悪いことではありません。

話すだけで楽になることは多いでしょう。
心の中に閉じ込めるよりも、口から外に出してしまった方が楽になります。
弱音を吐くためには言葉に直さなければならないため、整理することで楽になるのだと思います。
ストレス解消にもなります。

しかし、弱音を聞いている人はどうでしょうか?
弱音を聞いているときを想像してみてください。
なかなか大変ではありませんか?

弱音を聞くとき、相手にとても気を使います。
下手な返事をすれば、そのストレスが自分を矛先にして爆発しかねません。
ネガティブな言葉を、影響を受けず、流さずに聞くことになります。

弱音を聞くことはとても大変です。

弱音を吐くということは、そのストレスが聞き手に渡されるのかもしれません。

弱音を吐くときに気を付けるべきこと

弱音を吐くときに気を付けるべきことは、誰に聞いてもらうかです。

弱音を吐くときには、聞く覚悟のある人にしましょう。
聞かせたい人ではだめです。
最悪の場合、関係に亀裂が入ります。

聞いてくれる人の口の堅さにも気を付けましょう。
弱音を聞かせたい人がいるという場合は、弱音を聞かせたくない人もいるはずです。
弱音を聞いてくれた人から、聞かせたくない人に伝わってしまったら嫌ですよね。

結局のところ、プロのカウンセラーに話すことが一番無難です。
自分のストレスを買い取ってもらいましょう。