感情をコントロールする方法は認識をコントロールする方法


我慢できずに泣いてしまったり、カッとなって怒鳴ったことはありませんか?
人である以上、感情は切っても切れないものでしょう。
しかし、感情的になったために失敗することも多々あります。

感情をコントロールする方法とはどのようなものでしょうか?

スポンサードリンク

感情は認識の結果

感情とは、結果をどう認識したかで決まります。

怒鳴られたとしても、失敗してしまったと落ち込む人がいる一方で逆切れする人もいます。
相手に罪悪感を持たせずに済んだと思う人もいれば、ツンデレだなぁと喜ぶ人もいます。

同じ結果でも、どう認識するかで抱える感情が変わります。

素直になれない人やつい怒鳴ってしまう人は、特定の認識を習慣化したことが原因です。
こういう結果だったらこう反応する、そんなパターンができ上っているのです。

認識をコントロールできれば感情もコントロールできる

結果の認識を変えれば、感情も変わります。
だから、認識をコントロールできれば感情をコントロールすることが可能なのです。

「パターンができているなら認識のコントロールなどできないのではないか」と思う人もいるでしょう。
認識はコントロール可能です。
パターン化しているのならば、別のパターンで上書きできます。

コントロール方法

認識をコントロールするときに重要なことが1つあります。
結果から感情につながるまでの間に、考える時間を挟み込むことです。
一瞬でもよいので冷静になる時間が必要です。

認識をコントロールする具体的な方法について列挙します。

深呼吸する

感情を吐き出す前に深呼吸をしましょう。
深呼吸をすれば考える余地ができます。

イメージトレーニングする

コントロールしたい場面のイメージトレーニングをしましょう。

認識をコントロールしたい場面と同じような場面のある小説を読んだりドラマを見たりしてください。
その場面に自分を重ねつつ、以下のことを考えてるんです。

  1. どんな行動につなげたいか
  2. どのように認識すれば、1の行動につなげられるか

声に出す

コントロールしたい認識にあうように声を出しましょう。

前向きな認識をしたいのならば明るい挨拶をして、はきはきした声で話しましょう。
穏やかな認識をしたいのならばゆっくりと落ち着いて話しましょう。

行動が認識につながります。
声の出し方を工夫しましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。