「察する」と「洞察」の違い


空気を読めないような言動をすると、「察しろ」と怒られるでしょう。

先を見据えて行動するにはどうすればよいか調べると、「洞察力を鍛えるべき」という話が見つかります。

「察する」と「洞察」では言われる場面が似ています。

しかし、大抵の人はどちらかしか使わないような気がします。

「察する」と「洞察」の違いとは、どのようなものでしょうか?

スポンサードリンク

「察する」と「洞察」の意味

「察する」と「洞察」には、それぞれどのような意味でしょうか?

「察する」とは、相手の心情や言わんとすることを想定し、場の空気を読むことです。

「洞察」とは、観察した事柄から、相手の体調や心理状態、景色が変わった理由など、「目に見えない部分」を見抜くことです。

一見すると、どちらも相手の意図を読むための力のように思えます。

しかし、「察する」とは感覚や感情など主観によるもの、
「洞察」とは客観的に見て分析するものという違いがあるようです。

使われる場面の違い

「察する」と「洞察」には、それぞれどのような場面で使われるでしょうか?

「察する」という言葉が使われる場面を想像すると、プライベートな交流やバイトなど、それほど気負わずにいられる場面で使われるように思えます。

「洞察」という言葉が使われる場面を想像すると、目標を立てる場面や自己啓発の本や上司の話などで使われているイメージがあります。

これらの場面の違いは言葉の言いやすさにありそうです。

「察する」と「洞察する」のどちらが言いやすいか、ということです。

「察する」という言葉に軽さが、「洞察」にまじめさが感じられそうな印象もあります。

まとめ

「察する」と「洞察」では、文字にすると似ているような気分になります。
しかし、声に出すと違うような気分になります。

言葉の意味は似通っているけれど、大まかに見るか細部まで見るかの違いがあります。
使いそうな場面も全然違います。

このような、なんとなく似ていそうで違う言葉を見つけるのも面白そうです。

記事を書いてて思いついた言葉

レスポンスの速さと精度の高さという、ベクトルの違いを言い換えただけ?


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。