実績や学力とは別に、何となく頭がいいなと思える人っていませんか?
逆に、知識が豊富だけど頭悪そうと思える人もいます。

頭のいいふりをしても意味などありません。
本当に頭のいい人になりたいですよね。

頭のいい人の特徴となり方を紹介します。

特徴

冷静

あまり感情論で物事を考えません。
数字に強く、論理的に考えられます。

謙虚

謙虚で素直に受け取ります。
謙虚さや素直さが、良い人間関係を築きます。
敵を作りにくいと知っているためです。

知識が豊富

知識が豊富で、話題に事欠きません。
様々なことに興味を持っていて、調べて実行します。
調査や経験から知識がどんどんたまっているんです。

簡潔でわかりやすい

簡潔でわかりやすく教えてくれます。
わかりにくい表現をそのまま使っても、わかった気になるだけだからです。
自分で理解するために、自分にも相手にもわかりやすく教えます。

なり方

勘ぐりせず、素直に受け止める

言葉の裏など勘ぐらず、言葉通りに受け止めましょう。
ポジティブな意味で受け止められれば、もっと良いです。

ネガティブに受け止めれば素直に聞くことがつらくなります。
聞くことそのものがつらくなり、反発して、謙虚さを失ってしまいます。

本を読む

様々な本を読みましょう。
雑誌、雑学、自己啓発、小説など、種類もジャンルも問いません。

同じジャンルの本でも全く同じ内容の本ではありません。
表現方法の違いやその人だけの見解などが見つかるはずです。

中身を全部読む必要はありません。
前書きと目次に目を通し、興味を持ったものだけ読めばよいのです。
本を読んで、知識と表現方法を学びましょう。

別の言葉で表現する

誰かの言葉や文章を別の言葉で表現してみましょう。

話し手の視点と聞き手の視点では適切な表現方法が異なります。
別の言葉で表現できないような文章などありません。

同じ文章を様々な視点で考えてみましょう。
類語辞典などで似た言い回しを調べることも効果的です。