子供や後輩を育てる時の上手な褒め方


子供や部下、後輩を育てるときに、ほめることが重要と言われたことは多いと思います。

しかし、ほめ方次第では逆効果になるかもしれません。

上手な褒め方とはどのようなものでしょうか?

スポンサードリンク

子供や後輩を育てる時の上手な褒め方

できるだけ努力をほめる

スタンフォードの心理学の研究によると、子供をどのように褒めるかでチャレンジ精神を持つか失敗を恐れるように育つそうです。

褒め方の違いとは、努力をほめるか結果をほめるかです。

努力を誉められた子供は新しいことや難しいことに挑戦するようになります。

結果や能力をほめられた子供は新しい問題をさけ、解けるとわかっている問題しか解こうとしなくなります。

これは後輩や部下の育成の時も同じでしょう。

結果だけほめれば結果さえ出せばよいと考えて手抜きや小手先ばかり覚えるような感じです。

しかし、まったく褒めないよりは褒めたほうがいいと思います。

褒めましょう。できれば努力を。

いつものことでもたまにほめる

いつもしていることでもたまにほめましょう。

継続していることはすごいことだし、認めていることを知らせれば相手のモチベーションにつながるでしょう。

相手がどんなことをほめてほしいか考える

自分はほめているつもりでも、どう思うかは相手次第です。

褒められた本人はどうでもいいと思っているかもしれません。

もしかしたら嫌味だと思われているかもしれません。

相手を知ろうとしましょう。

そうすることでどんなことをほめればよいか見えてくるはずです。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。