朝食抜きは健康に有害か否か


朝食を食べなければ体に悪いという人がいます。
朝食を抜く方が健康に良いという人もいます。
いったいどちらが正しいのでしょうか?

スポンサードリンク

朝食抜きが有害とする説

朝食を抜くことは健康に有害という説が有力らしいです。
しかし、ちゃんとした実験をしたわけではないようです。

朝食の有無を比較する研究は観察研究から導き出されたものです。
その観察研究の前提条件が不適切なものばかりだったようですね。
摂取カロリーと栄養価の合計が同じなら、1日の食事数が3回の人と6回の人の代謝量も変わらないそうですし。
研究資料

本当に害があるのならば、断食などはもっと体に悪いはずです。
1日食事をとらなかったとしても、生活内容次第でほとんど影響がない人もいます。
つまるところ、思い込みというもののようです。

朝食をとることが有害とする説

逆に、朝食をとる方が有害だから朝食は抜くべきだ、という説は正しいのでしょうか?
現代の食生活ではカロリーも栄養も過剰に摂取しているから、朝食を抜いたほうが良いという説です。

この説はある意味あっていて、ある意味間違っています。
朝食に限った話ではないためです。
抜くのであれば、昼食でもよいし、夕食でもよいのです。

朝食を食べることも害とは言えないようです。

結局のところ人次第

結局のところ、朝食の有無はそれほど健康を左右しないようです。
普段の食事量や栄養バランス、代謝にストレスにホルモンバランス等、人によって環境も体質もバラバラです。

ちゃんと調べようとしたら、人権侵害を覚悟して実験しなければならないかもしれません。
そこまでして研究しようとする人もいないはずです。

どちらが健康にあっているかというよりも、自分がどうしたいかを優先すると良いでしょう。
朝食が家族団らんの数少ない場ならなくさない方がよいです。
低血圧などで朝の調子が悪い人は、無理に食べれば体調を崩すかもしれません。

結局のところその人次第です。
朝食を食べるべきかよりも、朝食を食べたいかで決めましょう。

夜に起きて朝に寝る人も朝が朝食?

記事を書いてて気になったのですが、朝食の定義って何でしょう?
起床時間も食事時間も人それぞれです。

正午に起きてすぐにご飯を食べたら昼食といいますよね?
18時に起きる昼夜逆転生活でも、寝る前の朝7時が朝食なのでしょうか?

朝食の健康論戦争は、起床後の時間経過をどう見るかで決まりそうな気がします。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。