劣等感を強く感じるときの克服方法


自分はだめだと思うことはありませんか?
劣等感は大抵の人が抱えているものです。

劣等感を競争意識に持っていければ、向上心につなげることもできます。
しかし、劣等感を強く感じた時、心が折れて絶望してしまうこともあるでしょう。

劣等感を強く感じるときには、どのようにして克服すればよいでしょうか?

スポンサードリンク

劣等感の影響

誰かに劣っていると感じれば、それが劣等感になります。
劣等感を抱えること自体は悪いことではありません。
対抗意識を持てばやる気を刺激できます。
劣等感を抱えることが、ある意味で相手を認めていることにもなります。

しかし、その劣等感が強くなると悪影響に変わります。
自信を喪失して無気力になります。
劣等感の対象を悪く言うようになります。
劣等感の責任を劣等感の対象に押し付けて、相手の足を引っ張ろうとすることもあります。

劣等感が強くなる瞬間

どんな時に劣等感が強くなるでしょうか?

まず、劣等感の対象が強い称賛を浴びた時や、他者に劣等感の対象と比較されたときが該当するでしょう。
これは承認欲求が原因です。
劣等感の対象が他者に認められて自分が認められないことに不満を持つのです。

次に、いくら努力しても劣等感の対象に追いつくことができないときでしょう。
届かないことに対する無力感が劣等感を強く感じさせるのです。

劣等感を強く感じるときの克服方法

劣等感を強く感じるときの克服方法について記述します。

自分を見つめなおす

劣等感を強く感じるときには、冷静に自分を見つめなおすことです。

どうして強く感じるようになったのかなど、原因を目に向けましょう。
その劣等感が他人に植え付けられたものではありませんか?
実は見当違いな空想だったりしませんか?

自分の努力に無駄がなかったか考え、より効率の良い方法を考えましょう。
自分自身の成長に目を向ければ、以前の自分よりも成長していることに気づくはずです。

新しいコミュニティに属する

劣等感を強く感じるときには新しいコミュニティに属するのも1つの手です。
趣味サークルやボランティア、NPO法人でもよいです。
新しい人と接することで、視野を広げましょう。

別に、今までの人間関係を捨てろとは言いません。
新しい人と関わることで、少し新しい考え方を持つことができます。
新しい考え方が、劣等感を小さくするでしょう。

まとめ

劣等感を強く感じるときには、冷静に自分を見つめなおすことです。
もし、周囲の人が原因ならば、今までとは異なる人と関わりましょう。

結局のところ、劣等感を克服する方法は他人の目を気にせず自分を認めることです。
それが難しいんですけどね。

無責任に人を比べるような人から距離を置くことが、一番確実な方法なのかもしれません。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。