嫌なことがあるとイライラしますよね。

ただイライラするだけならよいのですが、八つ当たりすることでそのストレスを晴らす人がいます。

そのような迷惑な人の八つ当たりをされそうなときにはどんな対処をすればよいでしょうか?

八つ当たりされやすい人の特徴

言い返さない

八つ当たりされやすい人は、言い返さない人です。
やさしい人や気弱な人、受け身な態度をとりやすい人などが該当します。

八つ当たりして言い返されたら、さらに不満がたまります。
言い返されないので、安心して八つ当たりできるのです。

不満を持たれやすい

八つ当たりされやすい人は、不満を持たれやすい人です。
失敗ばかりしている人やマナーのない人、迷惑ばかりかけている人などが該当します。

八つ当たりしたいほどイライラしているときに、不満の種が視界に映って爆発します。
「普段は我慢している」といった自身を正当化する理由を持っているため、八つ当たりできるのです。

下に見られている

八つ当たりされやすい人は、立場の低い人や下だと思われている人です。
上下関係や貸し借り、強気に出られない理由のある人などが該当します。

いくらイライラしても、目上の人に八つ当たりなんてしたら、手痛い反撃を受けます。
強気になれる理由があるため、八つ当たりできるのです。

八つ当たりされそうなときの対処法

距離をおく

軽く流す、無視などの方法で距離を置きましょう。

八つ当たりをちゃんと受けてもらえない人だと判断されれば、八つ当たりされる機会も減るはずです。

思い切り叩き潰す

正面から反論して叩き潰しましょう。
八つ当たりしても逆効果だと認識されれば、八つ当たりされにくくなります。
思い切り反論している様子を周囲に見せれば、他の人からも八つ当たりされにくくなります。

ただし、完全に黙らせることができなければ、逆恨みされるかもしれません。
ハイリスクなので、確信を持てるときか、今後滅多に会うことがない相手に限定しましょう。

冷静になるのを待って反論する

親しい相手の八つ当たりならば冷静になるのを待ち、相談に乗りましょう。

言いたいことがあったら、相手が冷静になった後にしましょう。
親しい間柄だからこそ、「あんなふうに言われるのは気分が悪かった」と伝えるべきです。