違法労働や過労死など、労働環境の問題は改善されていないようです。

劣悪な労働環境の企業をブラック企業と呼びます。

そのようなブラック企業に就職しないことが、将来を考えるうえで重要でしょう。

ブラック企業を見分けるにはどうすればよいでしょうか?

そして、ブラック企業を減らすために、何ができるでしょうか?

ブラック企業ができるわけ

ブラック企業ができるのはなぜでしょうか。

それは、自分から変化するのを拒んだ結果だと思います。

ブラック企業の主な共通点は以下の通りでしょう。

  • 労働時間が長い
  • 賃金が安い
  • 上下関係が厳しい

このような、労働の薄利多売の状況はなぜ起きるのでしょうか。

今までのやり方では対応できないような変化が生まれ、その変化に適応しなかったためです。

変化に適応するのではなく、仕事の値段を下げることを選んだのです。

仕事の値段を下げれば、今までの給料を維持するために長時間労働になります。

長時間労働していればストレスを溜めますよね。

ストレスを溜めると思考に柔軟性がなくなり、変化を拒みます。

そのようなことが企業の偉い人に起これば、どんどん硬直化するでしょう。

最初に変化を拒んだ結果、どんどん変化できなくなってブラック化したのです。

ブラック企業の見分け方

ブラック企業を見極める第一歩は、求人を出す頻度と離職率を調べることです。。

離職率が高くて、頻繁に求人を出しているならブラックとみていいでしょう。

人を使い捨てるから人の入れ替わりも激しいのです。

企業が掲げるキャッチコピーを疑いましょう。

甘い言葉を使うキャッチコピーに要注意です。

「こういう業者よりも」「こんな条件だけど」などの枕詞を隠し、嘘をつかずにだます手口かもしれません。

具体的な表現をわざと避けている場合、言い忘れているか、わざと言わないか、判断がつきにくいです。

その会社のホームページや資料から、文章化されていない情報を見て考えましょう。

インターネットで企業名を検索し、評判を調べるのも一つの手です。

噂話だから精度に気を付ける必要があるけど、重要な情本源でもあります。

調査の足掛かりにしたり

ブラック企業の減らし方

ブラック企業を減らすために、私たちにできることがあります。

ブラック企業が売っているモノやサービスを買わないことです。

ブラックであろうと企業なので、利益が出ているから存続できます。

誰も買わなければ儲けもないので撤退せざるを得なくなります。

記事を書いてて思いついた言葉

労働の価値を維持するには、労働の内容を変化させなければならない