お腹の調子が悪い人によくすすめられるのが乳酸菌です。

乳と名がついている通り、乳製品に多く含まれます。

乳製品の中でも食卓に上がりやすいのは牛乳とヨーグルトでしょう。

はたして、牛乳とヨーグルトで乳酸菌をとるならどっちがいいのでしょうか。

スポンサーリンク

乳酸菌の特徴

乳酸菌は生きたまま腸に届きにくい

乳酸菌は胃酸をはじめとした消化器官の消化液で殺菌されます。
乳酸菌の生存率を上げたいのであれば、胃酸が少なくなる食後にとるといいでしょう。

乳酸菌は生きていても死んでいても効果がある

乳酸菌は腸内に定住している善玉菌の増殖を手伝います。
みずから悪玉菌を退治することもあります。

大半の乳酸菌は腸に届く前に死菌になってしまいますが、無駄というわけではありません。
腸内の善玉菌のエサになったり、腸内の免疫を高めたりする働きがあります。

牛乳とヨーグルトで乳酸菌をとるならどっちが良いか

ほとんどの牛乳は乳酸菌が入っていません。
高温殺菌のときに、乳酸菌が全滅しているためです。
死んだ乳酸菌が入っているかもしれませんが、体内に入る前なので存在しないものとして扱っていいようです。

乳酸菌に主眼を置けばヨーグルトに軍配が上がります。

なお、低温殺菌牛乳であれば乳酸菌が生きています。
ただし、手間がかかるため少し値が高く、消費期限も高温殺菌のものよりも3日短いです。

おまけ 牛乳とヨーグルトの比較 カルシウム編

乳製品の特徴は乳酸菌だけではありません。

その最たるものはカルシウムです。

大まかに比較すると牛乳1杯分(約200ml)のカルシウムがヨーグルト約1カップ(約200g)です。

固形のヨーグルトは牛乳と比べて満腹になりやすいという特徴があります。
そのため、カルシウムをとりたい場合は飲み物(牛乳や飲むヨーグルト)のほうがとりやすいでしょう。

飲むヨーグルトは大抵の場合、原材料に砂糖が入っています。
糖分を気にしないなら飲むヨーグルトがおすすめです。
糖分を気にする、もしくはお値段を気にするならば普通の牛乳をおすすめします。

記事を書いてて思いついた言葉

試行錯誤の自作が最高。