スマホ依存症の原因と対処法


スマホの性能がどんどん高まり、アプリを加速度的に充実してきています。

どんなスマホが使いやすいか、どんなアプリが役に立つのか、頭を悩ませている人もいるでしょう。

中にはスマホがなくては生きていけないと思う人もいるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

スマホ依存症ってなに?

スマホ依存症とは何か確認しましょう。

日常生活に支障が出るほどスマートフォンに没頭してしまうことです。

言葉通り、スマホを対象とする依存症ですね。

スマホは持ち運べて娯楽も豊富なため、使用する機会が多いことでしょう。

スマホをどんどん使用するうちに、使用するほうが当たり前になってしまいます。

使用することが当たり前の状態から、ないと不安になってしまう。

つまり依存症になるということです。

R25のサイトで以下のチェックリストを掲載しています。
“スマホ依存症”ってどんな症状? | web R25

  1. スマホを忘れた日はとても不安なる
  2. TPOをわきまえずに、無意識にスマホを触ってしまう
  3. 入るお店の基準は「スマホの充電ができるか」「WiFiがあるか」
  4. 財布は忘れても、スマホは忘れない
  5. 朝に目が覚めたら、まずはベッドで横になったままスマホチェック
  6. わからない事はすぐスマホを使う
  7. スマホの充電器を買いすぎて、いくつも予備を持っている
  8. スマホの見過ぎで目にクマができている
  9. 着信もないのにスマホが振動した錯覚に陥ることがある
  10. スマホを持ったまま眠ることがある

該当数が4~6だと軽症、6~8だと重症、8~10だと依存気味とみていいそうです。

スマホ依存症になる原因

スマホ依存症になる原因とはいったい何でしょうか?

主に以下の3つが挙げられます。

終わりがない

スマホ依存症になってしまう原因の一つに「終わりがない」ことが挙げられるでしょう。

SNSなどでほかの人と交流して、ニュースサイトを見て、ゲームして遊んで、
時間がたったらまたSNSで交流して・・・

スマホは、ネットやアプリでいろいろなことができます。

それゆえにやめるタイミングを見失うのでしょう。

何か書かなければならないという意識

スマホ依存症になってしまう原因の一つに「何か書かなければならない」という
気持ちになることが挙げられるでしょう。

この場合は、スマホ依存症というよりもSNS依存症というべきかもしれません。

何か書かなければ自分のことを忘れられるかもしれない。
返事をしなければ言く思われるかもしれない。
そのような心配によりスマホを手放せないのでしょう。

一種の現実逃避

スマホ依存症になってしまう原因の一つに「現実逃避」が挙げられるでしょう。

日常生活、人間関係、仕事関係などがあまりにも辛くてスマホの世界に逃げているのです。

アルコールや本や仕事などと同様に、依存症を超えて中毒まで行くこともありそうです。

脱スマホ依存症の方法

スマホ依存症の原因別に対処法を記述します。

暇つぶしの代替案を出す

やめるタイミングを見失って依存気味になったなら、
スマホでしていたことの代替案を出しましょう。

「やめなければ」という気持ちだけではやめられません。

やめるだけだと暇になり、暇つぶしのためにスマホに手が伸びます。

スマホでできることは、効率やお金を無視すれば、他の手段に替えられることです。

SNSの代わりに人の集まりに顔を出しましょう。

ニュースサイトを見る代わりにラジオを聴き、雑誌を読むのはどうですか?

スマホのゲームアプリの代わりにゲームセンターで体を使ったゲームをするという手もあります。

資格試験に挑戦してもいいですね。

暇だからスマホに手が伸びます。

暇つぶしの具体的な方法を考えましょう。

書いてよいのかと考える

書かなければ悪く言われるかもしれないと不安を抱えているのであれば、
書いているから悪く言われる可能性はないだろうかと考えてみてください。

相手のコメントが相手の本心とは限りません。

ネットでも現実でも同じです。

感心しているけどあえて反対意見を述べる人もいれば、
不満を抑えて相手を褒める人もいることでしょう。

思い切ってしばらく放置するのも一つの手です。

おそらく何も言われません。

あなたが思っているほど他人はあなたのことを気にかけていないんです。

あなたが自身の心配ばかりで他人の心配をあまりしないように。

もちろん、悪く言われる可能性もあります。

ただし、それはあなたに不満があるためではなく、
暇だったからあなたに不満を持つことにしただけなのです。

心身ともにリフレッシュする

現実逃避が原因ならば、心身ともにリフレッシュしましょう。

まずはストレスを解消するんです。

思い切り体を動かし、思い切り笑い、思い切り泣きましょう。

スマホをしていてもストレス解消になりません。

むしろ、ブルーライトのせいでストレスがたまるでしょう。

無理してでも声に出して笑うことがおすすめです。

悲しい映画などを見て泣くという手もありますが、映画の選択に気を付けましょう。
ストレス解消後も悲観的な考えからストレスを感じてしまうかもしれないためです。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。