優しい嘘をついたことはありますか?

嘘とは基本的には良くないものです。
特に悪質なのは、保身のための嘘や相手をだます嘘などです。
しかし、「嘘も方便」「嘘から出たまこと」など、良い方向に進む嘘もあります。

優しい嘘も、「優しい」のだから、良い方向に導く嘘のように感じます。
それでも、嘘は嘘です。
真実が明らかになったとき、信用を失ったり、誰かが傷ついたりするかもしれません。

優しい嘘とは、なぜ「優しい」のでしょうか?
本当に相手に優しいのでしょうか?

スポンサーリンク

優しい嘘とは?

まず、優しい嘘について確認しましょう。
優しい嘘とは何でしょうか?

例えば、手料理がおいしくなくても、おいしかったと嘘をついたことはありませんか?
その嘘は相手を悲しませないためですよね?
これは優しい嘘です。

つまり、優しい嘘とは相手を傷つけないための嘘です。

優しい嘘は相手より自分のためのもの

優しい嘘は、誰のための嘘でしょうか?

優しい嘘は相手のことを想いやる発言のように感じます。
事実を言えば相手を傷付けますし、気遣いのない発言は周囲の人に疎まれます。

しかし、未来のことを考えれば相手のためになりません。

例えば、「おいしくない手料理を食べておいしいと嘘をついた」とします。
作った人は喜ぶでしょう。
しかし、料理の腕はそのままかもしれません。
その後、他の誰かに料理を振る舞うたびに、飯マズのせいで人が離れていくでしょう。
当の本人は原因に気づかないまま・・・。

実際のところ「優しい嘘」は相手に対する優しさではなく、自分に対する甘さです。
自分が非難されることを避けるための「優しい嘘」なんです。
「周囲からの非難」を避けて「苦痛の我慢」を選んだということですね

真にお互いを気遣うために

その場限りの関係であれば、優しい嘘も良いでしょう。
しかし、身近な人に優しい嘘をつき続けることになれば、自分が苦しみ続けることになります。

優しい嘘をつくよりも、ノーコメントか事実をそのまま伝えた方がよいと思います。
もちろん、余計なことを言ってはいけませんし、過度に指摘すれば嫌がらせです。
状況にも気を配る必要があるでしょう。(後でこっそり伝えるとか)

「そうした結果、こちらが非難されたらどうする」ですか?
軽い指摘に傷ついて非難してくる人は、こちらに我慢を強要しているのかもしれません。
本音を言い合えるか、我慢するか、お好きな関係をお選びください。

「自己防衛の優しい嘘」よりも、傷つける覚悟と傷つく覚悟をもって「相手を想う本当」を言えるようになりたいものです。

まとめ

優しい嘘とは、相手を傷つけないための嘘です。

優しい嘘は、相手を傷つけないけれど、相手のためにもなりません。
相手の「未来」のためにならないからです。

優しい嘘は、「非難されたくない」という自己防衛です。

本音を望むか、我慢し続けるか選びましょう。