定時で退社するためにできること


定時で退社することは、本来なら当たり前のことです。
しかし、なぜか残業することが当たり前になっています。

定時で終わらない理由は仕事の仕方が下手だからだと思うのですが、多くの人は違うようです。

定時で退社するためにはどんなことができるでしょうか?

スポンサードリンク

残業命令は条件次第で適法

労働基準法では、1日8時間、週に40時間を超える労働は原則として認められていません。
残業代を払っても違法です。

しかし、以下の前提と条件を満たしていると、残業命令を断れません。
前提

  • 会社が、『事業所の労働者の過半数で組織する労働組合』、もしくは『労働者の過半数を代表する者』と36協定を締結している
  • 労働契約や就業規則に『業務上の必要あるときは、時間外・休日労働を命じる』など記載されている

36協定とは、労働基準法第36条において結ばれている労使協定です。

条件

  1. 36協定の範囲内の残業(月45時間以内)
  2. 時間外労働をさせる業務上の必要性
  3. 残業命令が社員の健康を害さない
  4. 社員の生活設計(家族の保育や病人への配慮)を害さない
  5. 社員が残業ができない理由を具体的に述べて拒否した場合、その拒否理由に正当性があるか考慮していること。

なお、サービス残業は違法です。
強要された場合は、後々残業代を請求するために証拠を用意しきましょう。
時効は2年です。

残業命令が出た場合の断り方

残業命令が適法か違法かは条件を満たしているかどうかで決まります。
「明日でもいいですか」と聞いてください。
ダメな場合は理由も聞きましょう。
必要性がなければ断っても違法になりません。

月の残業時間や残業命令を出されたときの体調や家族の世話なども、残業命令を断る理由にできます。

残業命令はないけど定時退社できない

残業命令はないけれど、どうしても定時退社できないこともあるでしょう。
それぞれの対策を記述します。

同調圧力で帰りづらい

上司や同僚が残業していて帰りづらい場合の対策です。

一番簡単な方法は、気にせず帰ることです。
仕事上の付き合いでしかないのですから、割り切ってしまうというものです。

安全策は、周囲の人の意識を変えることです。
「みんなが残業しているから何となく」から「仕事が終わらないから残業する」という考えに替えられれば理想です。
「なんで残業するんですか」と理由をたずねて回るのも一つの手かもしれません。

仕事が終わらない

仕事が終わらなくて定時で帰れない場合の対策です。

まず、定時で仕事が終わらない理由の例を以下に列挙します。

  1. 仕事の段取りがうまくできない
  2. 助けを求めない
  3. 完璧に仕上げようとする
  4. 定時前後に仕事を振られる

1の場合はスケジュールを立て、実際の作業内容や経過時間をメモしましょう。
メモをもとにスケジュールを立てて、結果をメモしてと繰り返せば、仕事の段取りも少しずつうまくできます。
周りの人にも見え安い位置にスケジュール表をおいて牽制するのもよいです。

2の場合は助けを求めましょう。
仕事はでき上ればよいのです。
一人でこなそうとせず、周囲の人に相談しましょう。
効率の良い進め方を教えてもらえるかもしれません。

3の場合は何度か経過報告をしましょう。
「仕事を完璧に仕上げて報告したら見当違いだった」なんてことになったら最初からやり直しです。
元々完璧な仕事など求められていません。
大枠→概要→詳細→完成など、どの段階まで行ったら報告するか決めておき、すり合わせていきましょう。

4の場合は、明日で大丈夫か尋ねる、残業は人件費の1.5倍になることを伝えるなど、うまく回避しましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。