職場で陰口に遭遇した時の対処法


職場の人間関係には気を使うものでしょう。

人間関係の良好な職場ならともかく、雰囲気の悪い職場や嫌な人のいる職場だと大変です。

陰口、いじめ、パワハラなど問題が山ほど出てくることでしょう。

職場で陰口を言われていたときの対処法を教えます。

スポンサードリンク

他人の陰口には付き合わない

他人の陰口には乗らないことが鉄則です。

悪口や陰口を言う人は、基本的に他人を乏しめることでしか不満を発散できない人です。

同意してしまえば仲間に認定され、何度も陰口の同意を求められてしまうでしょう。

何度も続けば、あなた自身も染められてしまい、陰口をたたく人になってしまいます。

かといって、明確に否定すると自分が陰口のターゲットにされてしまいます。

「どうなんでしょう?」などとぼけてしまいましょう。

自分の陰口には気にしない

自分の陰口を言われていても気にしないでください。

陰口を言う人はターゲットが自己嫌悪したり辛そうにしている姿を見ると嬉しくなり、エスカレートします。

そもそも陰口をたたく人は、日々何らかの不満を抱えているけどストレスのはけ口がない人です。

日々を幸せに過ごしている人は陰口なんてたたきませんから。

陰口を言っている人全員がかわいそうだと思えばいいんです。

ただし、業務に支障が出る場合は上司や相談窓口に相談しましょう。

証拠として録音するのもひとつの手です。

自己防衛であれば、こっそり録音しても嘘をつかない(録音しているのに「録音していない」と言う)限り法律違反になりません。

職場の陰口の対処法 まとめ

職場の陰口に遭遇したら、自分の立ち位置をぼかして流しましょう。

あまりにひどい場合は上司に相談しましょう。

職場で陰口が横行していればその職場の業績はよいものになりません。

まともな上司ならばすぐに対応してくれるでしょう。

陰口だらけの職場なんて、遠くないうちに経営が悪化すると思うのでやめてしまうのもよいです。

陰口は基本的に無視、仕事に支障が出るときに証拠を集めて反撃するようなつもりでいましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。