「好きなことを仕事にすれば成功する」と言われる理由


「好きなことを仕事にすれば成功しやすい」という人がいます。

「好きなことを仕事にするな」という人もいます。

成功するのは好きなことを仕事にした場合が多いと思いますが、失敗する人も少なからずいます。

なぜこのような違いが出るのでしょうか?

スポンサードリンク

好きなことを仕事にすれば成功しやすいといわれる理由

好きなことを仕事にすれば成功しやすいといわれるのはなぜでしょうか?

好きなことは嫌いなことよりも実行を苦に感じません。
実行すれば経験になります。
何度も実行すれば、経験を積み重ねることができます。

好きなことであれば、いろいろ工夫をします。
どうすればもっと楽しめるか、どうすれば見栄えが良くなるかなど、試行錯誤をするはずです。

ところで、仕事とは人に評価されなければなりません。
評価されることが人と比べて苦にならないことであれば、その評価を積み重ねやすくなります。

つまり、「好きなこと」というよりも「人よりも苦にならないこと」を仕事にすれば、
経験と試行錯誤を積み重ねやすいため成功しやすいということです。
任天堂・岩田氏をゲストに送る「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」最終回――経営とは「コトとヒト」の両方について考える「最適化ゲーム」 3ページ目

好きなことを仕事にするなと言われる理由

一方で、「好きなことを仕事にするな」という人がいます。

その時に出てくる理由は、主に以下の通りです。

  • 好きなことで成功するのはごく一握り
  • 好きだったことが嫌いになる
  • 好きなことはお金にならない

これらの理由は適切なのでしょうか。

「好きなことで成功するのはごく一握り」というけれど、
好きでないことをだらだらするのは失敗ではないのでしょうか?

「好きだったことが嫌いになる」というけれど、
仕事の不満の矛先を好きだったことに間違って向けただけではないでしょうか?

「好きなことはお金にならない」というけれど、
お金になる大まかなパターンを知らないだけではないでしょうか?

確かに好きなことを仕事にするのは大変でしょう。
しかし、1年間で仕事の時間はどれほどでしょうか?
仕事の時間を楽しめなければ、人生のほとんどがつまらない時間になりませんか?

それって失敗ですよね?

重要なのは自分から動き続けること

「好きなことを仕事にすれば成功しやすい」という人は、自分から行動することを前提にしています。
「好きなことを仕事にするな」という人は、自分では行動しないことが前提になっている気がします。

成功する人のほとんどが、自分から行動し続ける人です。

行動して、経験と工夫を積み重ねることで、能力が伸びます。
「好きなこと」は他のことよりも行動しやすく、続けやすいです。
だから、好きなことを仕事にすると成功しやすいんです。

自分で動き続けることが、成功するうえで重要ということです。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。