16時間のプチ断食中にプロテインを飲んでいいのか

「16時間のプチ断食でプロテインを飲んでもいいって聞いたけど、どうなの?」

16時間のプチ断食って慣れるまではつらいですよね。
何かで空腹を紛らわしたい気持ち、よくわかります。
プロテインは飲み物ですが、大丈夫でしょうか?

プチ断食中にプロテインを飲んでいいか説明します。

16時間のプチ断食でプロテインは基本的にNG

断食中のプロテインは基本的にNGです。

プチ断食には様々な効果があります。
健康効果・アンチエイジング・ダイエットなどです。
しかし、断食中にプロテインを飲むと、これらの効果が下がります

プチ断食の目的がダイエットだけなら、断食中にプロテインを飲んでもかまいません。
食事に比べれば摂取カロリーが減っているためです。

ただし、脂肪燃焼の効果はなくなります。
体重を減らすのではなくお腹の脂肪を減らしたいなら、断食中のプロテインはオススメしません。

16時間のプチ断食の目的

目的1 オートファジーによる体内の掃除

16時間のプチ断食の目的の1つ目は、体内の掃除です。

16時間の断食によって体内のエネルギー源が枯渇すると、オートファジーが活発に働きます。
オートファジーとは、細胞内の古くなった成分を分解してエネルギーに変えることです。

細胞の中は時間とともにゴミが増えます。
このゴミを残しておくと、まるで汚部屋のように邪魔になり、老化が加速します。
オートファジーを活性化することで、これらのゴミを分解し、エネルギーに変えるのです。

オートファジーを活性化させる1つの目安が、インスリンの分泌量です。
インスリンの分泌量が増えると、オートファジーの働きが弱まります
プロテインを飲むとインスリンの分泌量が増えるため、オートファジーの効果が下がってしまいます。

あわせて読みたい

目的2 ダイエット

プチ断食の目的の2つ目はダイエットです。

プチ断食で食事回数を減らせば、1食分のカロリーがなくなります。
食事をプロテインに置き換えても、1食分に比べれば摂取カロリーは少なめです。
1日の摂取カロリーの量が消費カロリーを下回れば、体重は減ります。
だから、断食期間にプロテインを飲んでも痩せます。

ただし、オートファジーが活性化しません。
オートファジーが活性化すると、中性脂肪を分解してくれます。
ダイエットの目的はボディメイク、主にお腹の中性脂肪を減らすことのはずです。
断食中にプロテインを飲むと、ボディメイクの効率が悪くなります。

目的3 胃腸の休養

16時間のプチ断食の目的の3つ目は、胃腸の休養です。

食べすぎ、飲みすぎで胃もたれしていませんか?
胃腸は食事をするたびに働きます。
胃の中が空になるまで3~5時間、小腸を通過するまで5~8時間かかります。

プロテインはタンパク質です。
消化吸収のために胃腸が働きます。
断食中にプロテインを飲むと胃腸を休ませることができません。

16時間のプチ断食中はノンカロリーの飲み物を飲む

16時間のプチ断食中にカロリーは厳禁です。
飲んでもいいものは水・お茶・コーヒーなど、カロリーがない飲み物です。

カロリーがアウトなので、スムージーや豆乳、甘酒などもアウト。

ダイエット飲料は問題ないですが、かえってお腹が減るかもしれません。

あわせて読みたい

まとめ

16時間のプチ断食中にプロテインを飲んでいいかどうか説明しました。

断食中のプロテインはNGです。
せっかくのプチ断食の効果が下がります。

どうしても空腹がつらいときは、何かに没頭することがオススメです。
何かに集中して食事を忘れた経験はありませんか?
熱中していれば食欲を忘れます。

16時間ダイエットがつらいのは最初だけです。
1,2週間もすれば慣れます。
寝坊で朝食を食べ損ねることを毎日続けるような気持ちで試しませんか?

あわせて読みたい