AGAを治療したい~フィンペシアの飲み方

脱毛に困っていませんか?

AGAに効く治療薬の1つがプロペシアです。
プロペシアのジェネリックが、フィンペシアです。

フィンペシアの飲み方や副作用について紹介します。

フィンペシアを飲むときは1日1㎎同じ時間帯で

フィンペシアを飲むときは、1日1㎎、同じ時間帯で飲むようにしましょう。
飲みすぎたり、飲む時間帯をずらすと、効果が下がってしまいます。

フィンペシアとはプロペシアのジェネリック

フィンペシアとは、プロペシアと同等の効果を持つジェネリック医薬品です。
有効成分フィナステリドがAGA(男性型脱毛症)の治療に役立ちます。

「フィンネシアはプロペシアのジェネリック医薬品ではない」と説明するサイトもあります。
しかし、これはジェネリック医薬品の定義の問題です。
成分には問題ありません。

販売サイトには、説明文にキノリンイエローの有無を記載しているところもあります。
キノリンイエローは発がん性があるという噂があります。
しかし、真偽のほどは不明です。
特に気にしなくてよいと思います。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの副作用には、性欲減退や肝機能障害、太るなどがあります。
ジェネリックなので、副作用もプロペシアと同じです。
ただ、どの副作用も偽薬の実験と同じ発症率なので、気にしなくて良いでしょう。

フィンペシアは、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するため、性欲に影響する場合があります。

医薬品なので肝臓に多少の負担がかかります。
ただ、この負担はほとんどのサプリメントや医薬品に言えることです。

太る原因ははっきりしていません。
DHTを抑制することでホルモンバランスが崩れ、代謝や食欲に影響するのかもしれません。

どの副作用の発症率も、偽薬の実験と同じそうです。
つまり、「不安が強すぎるとまれに発症するかもしれない」ということです。

フィンペシアの飲み方

1日1㎎ 飲むタイミングは同じ時間がベスト

フィンペシアの適量は、1日1㎎です。
飲むタイミングはいつでもよいですが、同じ時間に飲むようにしましょう。

同じ時間に飲む理由は、フィナステリドの効果が約24時間で失われるためです。
フィナステリドの効果を維持するために、同じ時間に飲むことをオススメします。

飲み合わせの問題は特になし

飲み合わせの問題は特にありません。
ミノキシジルと併用したほうが、脱毛予防の効果が高まります。

まとめ

フィンペシアの飲み方を紹介しました。

フィンペシアはプロペシアのジェネリックで、有効成分フィナステリドがAGAの治療に役立ちます。

フィンペシアの副作用もプロペシアと同じです。
性欲減退、肝機能障害、太るなどです。
思い込みの発症率と同じなので、気にしないと良いでしょう。

フィンペシアの飲み方は、1日1㎎、同じタイミングが効果的です。

フィンペシアは、プロペシアの正式なジェネリックではありません。
そのせいか、偽物も多く存在します。
偽物への不安を抱えるくらいなら、信用できるAGAクリニックでプロペシアを購入したほうが安心できます。
もしくは、他のジェネリックを選ぶほうが良いかもしれません。