マットレスの洗い方と干し方~快眠のための手入れ

マットレスの手入れをしてますか?

シーツはきちんと洗っていても、マットレスの手入れは難しいですよね。

でも、手入れをしないとマットレスの寿命が縮みます。
マットレスが汗臭いとパジャマや体に臭いが移ります。

気分よく眠るために、マットレスの洗い方や干し方など、手入れの仕方を紹介します。

定期的に上下を逆にするだけでも改善する

マットレスの上下を定期的に逆にするだけで、マットレスの状態を良くできます。

マットレスにかかる体重の位置をずらせるためです。

睡眠中に体が沈む位置はどこでしょうか?
主に腰です。
その腰の位置に体重がかかります。

同じ位置に負荷が集中すると長持ちしません。
定期的に上下を逆にして、体重のかかる位置をずらしましょう。

材質によって洗えるものと洗えないものがある

マットレスには洗えるものと洗えないものがあります。

洗えないといっても、丸洗いができないという意味です。
丸洗いできるかどうか、種類ごとに説明します。

スポンジ
基本、洗えます。
乾きにくいので干すときに注意してください。
高反発
選択表示がOKのものは洗えます。
ウレタン
洗えません。
クリーニング屋でも無理です。
スプリングコイル
素人では洗えません。
業者に頼みましょう。
新素材
各素材に依存するため、不明です。販売店に聞きましょう

部分洗いの仕方

丸洗いできないマットレスが汚れた場合は、以下の方法で部分洗いできます。

  1. 乾いたタオルで拭いて水気をとります。
  2. ぬるま湯で濡らしたタオルを堅く絞り、そのタオルで汚れを拭き取ります。
  3. 中性洗剤を水にとかしてタオルを浸し、堅く絞ります。そのタオルで汚れを拭き取ります。
  4. ぬるま湯で濡らしたタオルを堅く絞り、そのタオルで洗剤成分を取り除きます。
  5. 乾いたタオルで水気をとり、ドライヤーで乾かします。
  6. エアコンや扇風機の風に当てて乾かします。

洗えないマットレスでもできる手入れ

こまめに掃除機で吸う

こまめに掃除機で吸いましょう。

ダニやホコリを掃除機で吸い取ります。
吸い込みの風で湿気も少しとれます。

普段の掃除機でかまいませんが、吸い込み口についたホコリを取り除いてから使いましょう。

殺菌or除菌スプレー

殺菌または除菌効果があるスプレーで除菌しましょう。

除菌だけでなく、様々な香りがあるファブリーズがおすすめです。
特に、ラベンダーの香りならリラックスでき、よく眠れます。

化学成分が気になる場合は、酢で殺菌スプレーを自作できます。
酢と水を1:1で混ぜてスプレーボトルに入れましょう。

マットレスの干し方

飲み物をこぼしたり洗濯したりなど、マットレスを濡らしたときの干し方を説明します。

基本は陰干し

マットレスを干すときは陰干しにします。

日干しは寿命を縮める

日干ししてもメリットが少ないためです。

確かに、日干しにすると紫外線で殺菌されます。
しかし、この紫外線は遮られやすく、表面しか殺菌されません。
また、熱で殺菌したいなら、日干しよりも布団乾燥機を使った方が楽だし、寿命を縮めません。

なお、日干しのデメリットはマットレスに限った話ではありません。
衣類や寝具を長く使いたいなら、エアコンや除湿機、扇風機で陰干ししましょう。

まとめ

マットレスの手入れ方法を説明しました。

マットレスの上下を定期的に逆にするだけでも長持ちします。

マットレスを洗いたい場合は洗える種類か確認し、無理な場合はあまり濡らさないように拭き取りましょう。

掃除機で汚れを吸ったり、除菌スプレーを使ったりもできます。

干すときは、エアコンなどを使って陰干しにすると楽だし寿命が縮みません。