昼寝後の頭痛にコーヒーって効くの?早めに復活するために

昼寝で頭痛がすると困りますよね。

昼寝後の頭痛は、時間が経てば治ります。
しかし、ビジネスパーソンの昼休みは限られていますよね。
チャイムが鳴る前に復活しなければなりません。

眠気対策と言ったら、コーヒーです。
疲労感を抑えてくれるので、集中力が高まります。
では、頭痛の時にコーヒーって飲んでよいのでしょうか?

頭痛の場面をイメージすると、疲れている場面が思い浮かぶはず。
なら、疲労感を抑制するコーヒーも聞きそうですよね。

昼食後の頭痛にコーヒーって効くのでしょうか?
効果と理由を説明します。

昼寝後の頭痛は種類次第でコーヒーが効く

片頭痛なら有効

片頭痛ならコーヒーが効きます。

片頭痛は、血管が拡張すること三叉神経を圧迫し、その神経を血圧で刺激することによって生じます。
カフェインには、血管を収縮する効果があります。
片頭痛の原因は血管の拡張にあるので、収縮して元に戻せば痛みが無くなるんです。

冷たい缶コーヒーを痛む場所に当てて冷やし、痛みが引いてから飲むと良いです。
痛みに苦しむ時間を短縮できますよ。

緊張型頭痛ならば逆効果かも

緊張型頭痛なら、コーヒーを飲むのはオススメしません。

緊張型頭痛は、首や肩の筋肉が緊張し、血行が悪くなることで生じます
カフェインは、交感神経を刺激して筋肉を緊張しやすくします。
カフェインのせいで首や肩の筋肉の緊張が解けにくくなり、痛みが長引く可能性があるんです。

「目覚ましのためにどうしてもカフェインが欲しい」という場合は、カフェラテか緑茶にすると良いです。

カフェラテの牛乳のたんぱく質には、以下の成分を含みます。

  • オピオイドペプチド:鎮静効果
  • トリプトファン:幸せホルモンセロトニンを作るときに使う必須アミノ酸

また、緑茶のテアニンにはリラックス効果があります。

どちらも、脳を覚醒させつつ体をリラックスさせることができるでしょう。

まとめ

昼寝後の頭痛にコーヒーが効くのか、効果と理由を説明しました。

片頭痛であれば、有効です。
緊張型頭痛だと、痛みがひどくなるかもしれません。

昼寝後に頭痛がするときは、どんな痛みか覚えておくと、次に昼寝するときに生かせます。
コーヒーをうまく使いこなして、昼寝後の作業を乗り越えましょう。