眼精疲労が治らない!日常生活をあまり変えずに目の疲れを治す方法

眼精疲労で辛い思いをしていませんか?

スマホやパソコンを長時間見ていると、目が痛くなりますよね。
だんだんピントが合わなくなってきて、吐き気や頭痛に悩まされます。

眼精疲労がたまると目の問題に収まりません。
なかなか治らないだけでなく、睡眠の質も悪くなります。
睡眠の質が悪くなれば、眼精疲労の回復も遅れ、悪循環に陥ります。

そう簡単に日常生活を変えることはできません。
しかし、眼精疲労が治らないからと放置もできませんよね。

日常生活をあまり変えずに目の疲れを治す方法を紹介します。

眼精疲労が治らないのは目を休ませる時間が足りないから

眼精疲労の原因は、目の使い過ぎです。

仕事や娯楽に、私たちは目を使い過ぎています。
パソコンやタブレットがなければ仕事ができず、スマホがなければ情報収集やゲームもできません。

暇さえあればスマホやパソコンを使う、これでは目を休ませる時間なんてありません。
目を休ませる時間が足りないから、眼精疲労で苦しんでいます。

時間が無いなら疲労の蓄積を防ぎ、休息の質を高める

時間は有限です。
目を休ませる時間を確保できないなら、疲労の蓄積を防ぎ、休息の質を高めるしかありません。

目の疲労の蓄積を防ぐには、まめに休憩をとることです。
同じ時間目を酷使しても、小刻みに休憩を取れば、疲労の蓄積を防ぐことができます。

目の休息の質を高めるには、リラックスすることです。
緊張状態では目を休めることができません。
リラックスして副交感神経を働かせ、血行を良くすれば、回復に必要な栄養が目の筋肉に運ばれます。

眼精疲労を治す簡単なテクニック

まぶたを閉じたまま目を上に向ける

まぶたを閉じたまま目を上に向けると、目の筋肉がリラックスします。
このまま、1分ほど深呼吸すると目が楽になります。

深呼吸するとき、目元の疲れが全身に分散していくようなイメージをすると、眼精疲労が良く取れます。

手の平を当てる

目が疲れた時に手のひらを目元にあてませんか?

目を覆うように手のひらを当てると、目の周りのツボをまとめて押さえることができます。
また、手のひらの熱で目元を温めることができるので、眼精疲労を治してくれます。

耳を引っ張る

耳を引っ張ることで眼精疲労を治せます。

耳には様々なツボが集中していて、耳を引っ張るだけでリラックスでいます。
引っ張ることで耳の血行が良くなれば、目の血行も良くなり、眼精疲労の治療になります。

効率よく目を休ませるグッズ

アイマスク

アイマスクで光を遮れば、効率よく目を休められます。
ホットアイマスクなら目元を温められるので、より効率アップです。

昼寝でホットアイマスクを、通勤で座れた時などに100均のアイマスクを使って、効率よく目を休めませんか?

目薬

眼精疲労を治すときに昔から使われているのが目薬です。

栄養を補給してぐっすり眠る。
疲労回復に効果的な方法は身体も目も同じことです。

特にレム睡眠中は目が良く動くので、寝る前に目薬をすれば目全体に行き渡ります。

ブルーライトカットグッズ

ブルーライトが目を疲れさせることで有名ですね。

ブルーライトカットのグッズも様々です。
ブルーライトカットのメガネやコンタクトレンズだけでなく、スマホやパソコンの保護フィルムもあります。

おすすめはメガネです。
着け外しが簡単ですし、画面だけでなく、蛍光灯など目に入る光全般のブルーライトをカットしてくれます。

まとめ

日常生活をあまり変えずに眼精疲労を治す方法について紹介しました。

眼精疲労を治すには目を休ませるのが一番ですが、現代社会では難しいですよね。

短時間で効率よく休ませるには、リラックスして血行を良くすることです。
また、光を入れないことで、目の疲労を軽減できます。

眼精疲労を軽減させれば、ぐっすり眠れて疲労回復できます。

快適に過ごし、快適に眠るために、眼精疲労を効率よく治しましょう。