失敗から成長する方法~素早く立ち直るために

失敗って怖いですよね。
失敗すれば落ち込みます。
何かを失うかもしれませんし、周囲の人に失望されるかもしれません。

ただ、成功した時に学ぶものは、ほとんどありません。
成長したければ、失敗する必要があります。

失敗の恐怖感を軽くし、失敗から成長する方法を紹介します。

失敗から成長するには感情と事実を分けること

失敗から成長するには、感情と事実を分けることが大切です。

感情と事実を分けることで、行動への恐怖を減らせます。
具体的な方法は、以下の通りです

  • 自分の価値観を明確にする
  • 尊敬する人の失敗経験を知る
  • 失敗内容を記録する

失敗から成長しづらい人の考え方 3通り

楽天的

楽観的な人は、失敗から成長しづらい傾向があります。
失敗を忘れてしまうためです。

なお、楽天的なところが問題であって、楽観的ではありません。

楽天的な人は、リスクを感知しても回避しようとしません。
楽観的な人は、チャレンジ精神が強く、失敗をチャレンジに活かそうとします。

悲観的過ぎる

悲観的過ぎる人は、失敗から成長しづらい傾向があります。
失敗を恐れすぎて、行動できません。

悲観的過ぎる人は、楽天的な人よりまだましです。
リスクを回避しようとして、入念な調査をしたり、わずかな失敗も振り返るためです。
ただ、時間が経つと大きくなるリスクでも、可能な限り先延ばしします。

失敗を引きずる

失敗を引きずる人は、成長しづらい傾向があります。
1度の失敗で諦め、やめてしまいます。

失敗したから「適性がない」「チャレンジできない」と考えてしまいます。

失敗から成長する方法

自分の価値観を明確にする

失敗から成長する方法その1は、自分の価値観を明確にすることです。
絶対に避けたいリスクに気づくためです。

自分の価値観を明確にすると、物事に優先順位を決められます。
優先順位を決められれば、リスクを線引きできるんです。

悲観的な人や失敗を引きずる人は、すべての失敗を重く見がちです。
しかし、すべての失敗が同じ価値なわけありませんよね。
命に係わる失敗があれば、失敗することで重大な発見をすることもあります。

「これだけは絶対に嫌だ」
「よく考えたら別にどうなってもいいや」

リスクに線引きできれば、多少は気軽に行動できます。
行動しなければ失敗もせず、成長もできません。
自分の価値観を明確にすることで、行動できるようになるんです。

尊敬する人の失敗経験を知る

失敗から成長する方法その2は、尊敬する人の失敗経験を知ることです。

どんな偉人でも、成功するまでに失敗を繰り返し、成功した後でも失敗しますよね。
失敗を学びに変えることで、成功しています。

尊敬する人でも失敗することを知って、安心できます。
失敗から学んでいることを知れば、失敗への恐怖感が和らぐでしょう。

なお、失敗体験について知って欲しいことがあります。
過去の体験の意味はいくらでも変わることです。
「あの時失敗したおかげで、今ここにいる」といった過去がありませんか?

失敗内容を記録する

失敗から成長する方法その3は、失敗内容を記録することです。

  • 失敗の内容(パターンを把握し、回避の直観を磨く)
  • どう乗り越え、解決したか(克服法の蓄積)
  • 失敗までの過程(過程の思考や感情を分析する)

また、失敗を記録すると、あとで読み返したときに
「あの時こんなこと考えてたんだ。でも、なんとかなったから、今回も大丈夫かも」
と思えます。

まとめ

失敗から成長する方法を紹介しました。

失敗から成長しづらい人は以下の通りです。

  • 楽天的
  • 悲観的過ぎる
  • 失敗を引きずる
  • 失敗から成長する方法は以下の通りです。

    • 自分の価値観を明確にする
    • 尊敬する人の失敗経験を知る
    • 失敗内容を記録する

    失敗から成長するには、失敗を恐れすぎないことが重要です。
    失敗を恐れて行動しなければ、成長することはできません。

    失敗も時間が過ぎれば過去のものです。
    感情よりも事実を大切にして、失敗から学び、失敗を糧にしませんか?