衝動買い防止!ポイント還元率が高さが重要でない理由

電子マネーや〇〇ペイで買い物すれば、多くのポイントが返ってきます。

国の事業も合わさって、にぎわっていますね。
しかし、勢いに流されれば、衝動買いを繰り返すことになるでしょう。

ポイント還元率の高さが重要でない理由を紹介します。
無駄な買い物を防ぎ、好きなものに集中できますように。

高ポイント還元率イベントと対象の支払方法

キャッシュレス・消費者還元事業に合わせて、様々な支払方法で高ポイント還元率イベントが行われていますね。

消費税増税に合わせて、キャッシュレス・消費者還元事業が始まりました。
キャッシュレス・消費者還元事業とは、電子決済を促すための国主体の事業です。
対象のお店で、対象の支払方法で買い物すると、ポイントが2%または5%還元されます。

対象のお店には「Cにチェックマークを入れて、下にCASHLESSと書かれた」マークがあります。
ほとんどのコンビニが対象です。

公式サイトやアプリで探せます。
わざわざ探してまでお店の開拓をする、熱意のある人も少ないと思いますが。

対象になる支払方法は、以下の通りです。

  • クレジットカード(visa、JCBなど)
  • デビットカード
  • 電子マネー(Suica、Edyなど)
  • QRコード決済(〇〇ペイ)

個々の電子マネーやQRコード決済でも、高ポイント還元率イベントが実施されています。
CMで〇〇ペイが頑張っていますね。
正直、支払いに手間がかかるので、流行が終われば廃れそうですが。

おすすめは楽天カードです。
年会費無料、入会でポイントが付き、電子マネーEdyも使えます。
これ1枚で大抵のことができますよ。
楽天JCBカードにすれば、nanaco(税金払いできる電子マネー)の入金にもポイントが付きます。

現金払いは、他のお客さんを待たせてしまいます。
待つのが嫌だから、セルフレジを使っています。
金額が表示されてから小銭をぴったり出そうとする人、いますよね。
あれ、イライラしませんか?

電子決済は便利だけど、高ポイントに釣られるなら手を出さないべき

電子決済は非常に便利です。
支払いの手間が減り、ポイントの分だけ節約になります。
賢く生きるなら、使いこなすべきです。

しかし、高ポイントに釣られるなら、手を出さないほうが良いでしょう。
無駄遣いが増えます。

高ポイントという誘惑に負けるなら、他の誘惑にも負けやすいはずです。
表向きの言葉に騙され、どんどん損してしまいます。
高ポイント還元に自分がどのくらい反応するか、試してもいいかもしれません。

あなたの意志力はいくつですか?

ポイント還元率の高さが重要でない理由

コンビニでポイントが多く返ってきても、スーパーのほうが安い

どんなに多くのポイントが返ってくるとしても、コンビニよりスーパーのほうが安いですよね。
ポイント還元率よりも、買う場所が大切です。

500mlペットボトルのお茶の値段を比較してみましょう。
コンビニでは160円以上なのに、スーパーでは100円未満です。
たとえ還元率が10%でも、スーパーのほうが圧倒的に安いですよね。

長距離移動が可能なら、野菜はスーパーよりも直売所のほうが安いです。
ただし、交通費が高ければ別です。
ドラッグストアのサプリメントが、Amazonで常に3割引きだったりします。
運送料との兼ね合いもあります。

得したいなら、支払方法よりも買う場所の厳選が大切です。
ポイントのために損したいですか?

ポイントのために無駄な買い物してない?

ポイントのために、無駄な買い物をしていませんか?
一番の節約方法は、買わないことですよ。

本当はいらないものを「ポイントが高いから」と買ってしまえば、無駄になります。
買い物は快感を覚えやすいので、余計な習慣にしない注意が必要です。
無駄遣いが習慣化されれば、出費もどんどん増えてしまいます。

一番の節約方法は買わないことです。
買わないためには、持ち物の管理が大切です。
電子マネーなどそれぞれの支払い方法を管理し、使いこなしたいですよね。
選んだ理由はなんでしたか?

支払方法を増やす前に、見直すクセをつけるべき

支払方法を増やす前に、見直すクセをべきです。

支払方法を見直すために、するべきことがあります。
1日の買い物を振り返る習慣です。
手間が減れば行動を習慣化しやすくなり、その行動を忘れやすくなります。
電子決済は手軽だからこそ、買い物の内容を忘れる危険があります。

また、電子決済のほうが、手間が少なくなるのは確かです。
しかし、いろいろと手を出せば管理できなくなります。
クレジットカード以外は先払いなので、使う種類が多いほど準備用の支払いが増えます
せっかくのポイントも、忘れてしまえばないのと同じです。

買い物の内容を見直すクセをつければ、買い物の頻度を減らせるはずです。
いくら使ったか、今の支払い方法を変えるかどうか、見直してみませんか?

まとめ

ポイントっ還元率の高さが重要でない理由を紹介しました。

いくらポイント還元率が高いお店でも、元の値段が高ければ損です。

電子マネーや〇〇ペイは先払いです。
支払種類を増やせば、準備に使うお金も増えます。

ポイント還元率をきっかけに、支払方法を見直すなら良いことです。
しかし、勢いで使い始めたのなら、使い方をじっくり振り返ってください。
〇〇ペイという、国や企業の思惑に操られたいですか?