歩く効果をもっと上げたくない?ウォーキングの効果を高める工夫4選

ウォーキングの健康効果は有名ですね。

僕もスタンディングディスクを使い、椅子を減らして、歩きやすくしています。

どうせウォーキングするなら、もっと効果を高めたくありませんか?

ウォーキングの効果を高めるかんたんな工夫を4つ紹介します。

ウォーキングの効果を高める簡単な工夫4選

早歩き

早歩きをすると、ゆっくり歩くよりも血流量を上げてくれます。
早歩きすると、いつもより短時間で身体が温まりますよね。
1分だけでも健康効果があるそうです。
自然と姿勢もよくなりますよ。

歩幅を広げる

歩幅を広げると、使う筋肉が増えます。
歩くだけでハムストリングスや腸腰筋を鍛えられるんです。
ウォーキング中の消費カロリーだけでなく、基礎代謝も上がります。
ダイエット効果が高いですよ。

自然と腰をひねるので、便秘やガスだまりにも有効です。

足の裏に意識を集中

歩く時に足の裏に意識を集中すると、マインドフルネス状態になります。
歩行瞑想とも言います。

歩いているため、集中の対象が変化し続けますよね。
意識が逸れやすく戻しやすいので、呼吸瞑想より効果が現れやすいんです。
手軽でいつでもできますよ。

集中力が上がり、メンタルも強化します。

ベアフットシューズを使う

ベアフットシューズを使うと、足裏の刺激が伝わりやすくなります。
普通の靴よりも足にかかる負荷が多くなるので、効果的に鍛えられます。
多くの刺激が脳に伝わるので、脳トレにもなります。

まとめ

ウォーキングの効果を高める簡単な工夫を4つ紹介しました。
方法は以下の通りです。

  • 早歩き
  • 歩幅を広げる
  • 足の裏に意識を集中
  • ベアフットシューズを使う

工夫すれば、ウォーキングの効果を高めることができます。
しかし、難しくすると、ウォーキングを止めたくなるかもしれません。
苦しくならない程度に、新しい刺激が欲しくはありませんか?