リーンゲインズにはプロテインが便利!オススメな理由と飲むタイミング

リーンゲインズってご存じですか?
ダイエット方法のひとつで、脂肪を効果的に燃焼させるだけでなく、アンチエイジングや健康にも効果があります。
いいことづくめなですね。

そんなリーンゲインズをするときに、オススメしたい飲み物があります。
プロテインです。

プロテインを活用すれば、リーンゲインズが楽になります。
なぜだと思いますか?

そもそもリーンゲインズとは?

リーンゲインズとは、毎日16時間の断食と週3回筋トレをするダイエット法です。

16時間何も口にしなければ脂肪燃焼モードがオンのままになり、効率よく脂肪を減らせます。
ただし、脂肪だけでなく筋肉も分解されてしまいます。
分解された筋肉を補うため、定期的に筋トレをする必要があるんです。

リーンゲインズの細かいルールは以下の通りです。

  1. 1日に16時間(女性は14時間)の断食時間を作る
  2. 断食中は飲み物でもカロリー禁止
  3. 断食後の8時間は好きに食事していいが、タンパク質を多めに摂る
  4. 筋トレを週に3回する
  5. 筋トレする日は高糖質低脂質、しない日は低糖質高脂質

少しルールが多いかもしれません。
全部守るのは大変なので、まずは16時間の断食と週3回の筋トレだけ覚えておけばOKです。

リーンゲインズでプロテインをオススメする理由

リーンゲインズに限ったことではありませんが、ダイエットにはプロテインがおすすめです。
タンパク質不足を補い、食欲を抑えられるためです。

タンパク質は筋肉の材料になります。
筋トレするなら、目安量は体重(kg)×1.6gです。
体重60㎏なら、タンパク質の目安量は96gですね。
ステーキ450gに相当します。

結構な量ですよね。
リーンゲインズは朝食または夕食を抜くようなものなので、必要タンパク質を2食で摂らなければなりません。
野菜も必要ですし、炭水化物や脂質のバランスの問題もあります。

タンパク質の必要量を食事だけで摂るのは大変ですよね。
そこで便利なのがプロテインです。
プロテインなら、間食代わりに飲めます。

また、プロテインは食欲を抑えられます。
プロテインレバレッジという考えがあり、タンパク質の摂取量で食欲をコントロールできるんです。
辛いカロリー制限をしなくても自然にベストな食事量に落ち着く「プロテインレバレッジ仮説」|パレオな男
不足しがちなタンパク質をプロテインで補うことで食欲をコントロールすれば、断食期間中も気が楽になります。

リーンゲインズするならプロテインのタイミングに注意

断食中はプロテイン禁止

断食中はプロテイン禁止です。

脂肪の分解モードをオンにするには、口からのカロリーをカットする必要があります。
飲み物でも、糖質などのカロリーがあったらアウトです。
そのため、断食中はプロテインを飲めません。

朝食にプロテインを飲むなら夕食抜き

朝食にプロテインを飲む場合は、夕食抜きにする必要があります。

「朝食にプロテインを飲むと健康になる」という話を聞いたことはありませんか?
実際、パンよりもプロテインのほうが健康的です。
血糖値が安定して、脂肪が燃えやすくなります。
ただし、朝を断食時間に含めるなら、朝食を摂ってはいけません。

朝にプロテインを飲むなら、朝食の時間を断食時間外にします。
昼(例 12時)から朝(例 6時)までの18時間を断食時間に設定する必要があるんです。

まとめ:リーンゲインズするならプロテインがオススメ

リーンゲインズでプロテインをオススメする理由とタイミングについて説明しました。

リーンゲインズとは、、毎日16時間の断食と週3回筋トレをするダイエット法です。
食事の時間が限られるため、タンパク質の摂取にプロテインをオススメします。
断食中はプロテインを飲んではいけません。
朝食でプロテインを飲みたい場合は、夕食を抜くようにしましょう。

リーンゲインズを始めたばかりの時は大変だと思います。
しかし、慣れてしまえば苦労しません。

僕の場合、気づいたら24時間も断食していることがあります。
ゲームに夢中になった結果、48時間も断食したことがありました。
この時は空腹ではなく危機を感じて、プロテインを飲みましたが。

リーンゲインズに限らず、プロテインはダイエットを楽にしてくれます。
楽に痩せたくありませんか?

Impact ホエイ プロテイン | amazon
Impact ホエイ プロテイン|マイプロテイン