モバイルsuicaの登録とチャージ方法~乗車でも2%還元になったから有効活用したい

今日(2019年10月1日)から、モバイルSuicaの改札での還元率が2%になりますね。

通勤・通学など、東日本JRをよく利用するなら、とてもお得になります。

モバイルSuicaの登録方法とチャージ方法を説明します。
損したくありませんよね?

モバイルSuicaで鉄道を利用するとポイント2%還元に

モバイルSuicaで乗車したり定期券を購入すると、JREポイントが2%還元されます。

Viewカードを持っていなくても、ポイント還元率されるようになりました。
Suicaカードでも0.5%還元されます。
web登録が必要ですので忘れずに。

期間限定でエキナカの買い物でもポイント2%還元

期間限定でエキナカの買い物でもJREポイントの還元率が2%になります。
通常は0.5%(一部1%)なので、いつもNEWDAYSでご飯や飲み物を買っている人は得になりますね。

対象期間:2019年10月1日~2020年6月30日

モバイルSuicaの使い方

モバイルSuicaの登録

モバイルSuicaの登録方法を説明します。

モバイルSuicaの登録にはクレジットカードが必要です。
EASYモバイルSuicaならクレジットカード不要ですし、モバイルSuicaへの移行も簡単ですので、EASYモバイルSuicaから始めたほうがいいかもしれません。

ここでは、通常のモバイルSuica登録手順を説明します。

  1. モバイルSuicaアプリを起動
  2. 新規入会登録をタップ
  3. 規約を読み、同意できるなら「会員規約・利用規約に同意する」にタップしてチェックを入れ、「会員情報入力へ」をタップ
  4. 必要な項目を入力し、「各種設定へ」をタップ
  5. 必要な項目を入力し、「クレジットカード情報入力へ」をタップ
  6. 必要な項目を入力し、「確認画面へ」をタップ(まだ年会費は発生しない)
  7. 入力内容を確認し、「登録する」をタップ
  8. 「会員登録が完了しました。」と表示されれば完了

JRE POINT WEBサイトに登録

モバイルSuicaに登録したら、次はJRE POINT WEBサイトに登録します。

  1. 仮登録サイトにメールアドレスとパスワードを入力
  2. 規約を確認し、「JRE POINT会員規約に同意する」にチェックして「次へ」
  3. メールアドレスに登録案内メールが届くので、「以下のURL~」直下のURLにアクセス
  4. メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」
  5. 第2パスワードを入力して「次へ」
  6. 「Suicaを登録される方」を選択
  7. 「モバイルSuica」を選択
  8. 必要な項目を入力して「次へ」
  9. 必要な項目を入力して「次へ」
  10. 内容を確認し「登録する」
  11. 登録完了。登録したメールアドレスにメールが届くので確認

JRE POINT WEBサイトに会員登録済でモバイルSuicaを追加

JRE POINT WEBサイトに会員登録済みでも、モバイルSuicaをサービス対象に追加しなければポイントをもらえません。

もともとSuicaカードを使っている場合は、以下の方法でポイントサービスの対象に追加します。

  • JRE POINT WEBサイトにログイン
  • 「会員ページ」タグをクリック
  • 「登録ポイントサービス確認・変更」をクリック
  • 「Suicaを追加」をクリック

チャージ方法

クレジットカード(注意あり)

モバイルSuicaは、クレジットカードからチャージできます。

(注意)
登録だけなら無料ですが、クレジットカードでチャージするとき、Viewカード以外は年会費(1,050円)がかかります。
モバイルsuicaのポイント還元で取り戻すには、駅改札で5万円以上使う必要がありますよ。

2020年2月26日以降なら年会費が無料になります。
それまでは、少し手間ですが、現金チャージなら損しません。
年会費を払わなくても、現金でチャージできます。

コンビニで現金チャージ

モバイルSuicaは、コンビニでチャージできます。
Suicaが使えるコンビニなら、チャージも可能です。
店員さんに頼んでみましょう。

チャージ専用機で現金チャージ

モバイルSuicaは、チャージ専用機で現金チャージできます。

一部の駅には、モバイルSuicaに対応したチャージ専用機があります。
切符売り場でピンク色の機会を見たことがありませんか?
それで、モバイルSuicaもチャージできます。

まとめ

モバイルSuicaの登録方法とチャージ方法を説明しました。

モバイルSuicaの登録にはクレジットカードが必要です。
しかし、無くてもEASYモバイルSuicaを利用できます。

モバイルSuicaをチャージする方法は、以下の通りです。

  • アプリでクレジットカード
  • 店舗で現金
  • チャージ専用機で現金

モバイルSuicaには年会費がかかります。
しかし、登録してもクレジットカードでチャージしなければ、年会費は発生しません。
年会費を払わず、現金チャージすればいいんです。

キャッシュレス・消費者還元事業のこともあるので、現金よりはモバイルSuicaやカードで支払ったほうがお得です。
消費税増税の分、少しでも取り戻したくありませんか?