昼寝とカロリー消費の影響~効率よくダイエットするために

肥満を放置すれば体調が悪くなります。
そう分かっていても、仕事で忙しいと、運動する時間も気力もありませんよね。
忙しいからこそ、ダイエットも楽に、効率よくしたいものです。

様々なダイエット法が存在する中、特に楽な方法があります。

昼寝です。

昼寝と聞くと太るような気がしますよね。
しかし、適切な昼寝は、カロリー消費量を増やしてくれるんです。
では、適切な昼寝ってどうすればできるのでしょうか?

昼寝とカロリー消費量の関係を説明し、ダイエットに役立つ適切な昼寝方法を紹介します。

昼寝で大切なのは時間

適切な昼寝をするときに大切なのは時間です。

昼寝時間を約20分にしましょう。

20分なら代謝もあまり落ちないし、起きた後の消費カロリーも増えます。

午後の集中力がアップすることで、脳の消費カロリーが増えるんです。

昼寝がダイエットの効率を良くする3つの理由

昼寝すると集中力がアップして消費カロリーも増える

昼寝をすると、作業するときの集中力が上がり、消費カロリーも増えます。

お昼過ぎになると眠くなりますよね。
この眠気は睡眠不足によるものではありません。
体内時計が正常に働いていれば、自然に眠くなります。

眠ければ脳の働きが悪くなります。
集中力が下がり、脳の消費カロリーも減るんです。

昼寝をすることで昼過ぎの眠気を防ぎ、効率よくカロリーを消費できます。

昼寝中の代謝は下がるけど、起きたらすぐ戻る

昼寝後の消費カロリーが増えても、昼寝中のカロリー消費量が少なければ意味がなさそうですね。

確かに昼寝中は代謝が下がり、カロリー消費量が減ります。
しかし、適切な昼寝をすれば、代謝は起きてすぐ元に戻るんです。
それほど代謝が下がらないため、昼寝をしたほうがカロリーの消費量は増えます。

睡眠不足だと食欲が暴走して太る

睡眠不足だと食欲が暴走して太ります。
食欲を抑えるホルモン「レプチン」の分泌量が減るためです。

寝不足になると、いつもよりたくさん食べられませんか?

僕たちの食欲は、食欲増進ホルモン「グレリン」と食欲抑制ホルモン「レプチン」の影響をうけます。
グレリンが多いときは食欲が増し、レプチンが多いときは食欲が減ります。
グレリンとレプチンのバランスにより、僕たちの食欲が変わるんです。

睡眠不足になると、レプチンの分泌量が減ります。
レプチンが減れば食欲が増え、手軽でおいしい物に手が出ます。

仕事中には、微糖コーヒー。
休憩時間には、お菓子やジュース。
夜食にラーメンを食べることもあるでしょう。

食欲が暴走した結果、摂取カロリーが増えて太るんです。

注意 昼寝時間が長いと肥満の原因に

昼寝時間が長いと肥満の原因になります。
スッキリ起きれず、集中力が下がるためです。

寝起きがだるければ集中力が下がり、消費カロリーも減ります。

また、夜眠れなくなる可能性もあります。
睡眠不足になれば食欲が増しますので、太ります。

ダイエットに効果的な昼寝時間は約20分

ダイエットに効果的な昼寝時間は、約20分です。
眠りが深くなる前に起きれるためです。

寝てから約30分経過すると、深い眠りに入ります。
深い眠りから無理に起きると、頭がぼーっとして、集中力が下がります。
集中力が下がれば、脳の消費カロリーが減ります。

また、深い眠りに入ると、脳も体も休憩モードになるので、代謝が下がります。
浅い眠りなら、余り代謝が下がりません。

約20分間の昼寝で、代謝を落とさず、十分リフレッシュできます。
寝すぎないように気を付けて。

まとめ

昼寝とカロリー消費量の関係を説明し、ダイエットに役立つ適切な昼寝方法を紹介しました。

適切な昼寝をするときに大切なのは、時間です。
昼寝時間を約20分にすれば、カロリーを効率よく消費できます。

昼寝で寝すぎると、脳が休息モードに入り、代謝が下がります
休息モードに入ってからすぐに起きても、なかなか代謝は戻りません。
眠りが深くなる前に起きましょう。

睡眠不足は食欲を暴走させます。
食欲が増えれば摂取カロリーが増えて太ります。

眠気で辛い思いをしても痩せません。
適切に昼寝して、無駄なくダイエットしませんか?