昼寝の後だけ頭痛くなるけど、どの薬を使えばいいの?

頭痛がつらいと、薬に頼りたくなりませんか?

昼寝をすると、頭がすっきりします。
しかし、頭痛になると、頭が働きません。

「放置すれば治るけど、仕事があるから薬で何とかしたい」
その気持ちもわかります。

昼寝の後だけ頭痛くなるときに、どんな薬を使えばよいでしょう?

昼寝の後だけ頭痛くなるなら痛み止めの薬

ロキソニン

昼寝の後だけ頭痛くなるなら、痛み止めの薬を飲めば大丈夫です。
血行が元に戻るまでしのげれば良いからです。

痛み止めとして常備しやすい、ロキソニンを選ぶと良いでしょう。

安静にしていないと頭痛が慢性化するかも

安静にしていないと、頭痛が慢性化するかもしれません。
軽減されるだけで、痛みのストレスはなくならないためです。

慢性的な頭痛の原因は多岐にわたりますが、メンタル関連の影響が大きいです。
ロキソニンを飲めば、精神的なストレスは軽減されます。
しかし、体にストレスがかかります。

昼寝のたびに頭痛がして、毎回痛み止めを飲んでいれば、肉体的ストレスが溜まります。
頭痛が慢性化する可能性がありますし、ロキソニンの常用による副作用もあり得ます。
体のためにも、なるべく薬に頼らないことをオススメします。

薬に頼らずとも頭痛は治せる

昼寝後の頭痛はほっとけば治る

薬に頼らずとも頭痛は治せます。

昼寝の後だけの頭痛は一過性のものなので、時間を置けばよいんです。
起きる時間を調整し、昼休み終了のチャイムまで、少し余裕を持つのが理想です。

片頭痛なら冷やす

片頭痛なら、冷やすと痛みが軽くなります。
血管を収縮することで、神経への刺激を防げるためです。

片頭痛は血管が拡張することで神経が圧迫され、血圧で刺激されて生じます。
冷やすことで血管を収縮させれば、痛みが軽くなります。
濡れたタオルや缶ジュースを使うと良いです。

緊張型頭痛なら温める

緊張型頭痛なら、温める痛みが軽くなります。
温めること血行を良くすれば、痛みが軽くなります。

昼寝後の緊張型頭痛は、首や肩の筋肉の緊張により、血行が悪くなって起こります。
血行を良くして、筋肉の緊張をほぐせば良いんです。
ホット缶コーヒーや温湿布で直接温めたり、肩回しなどで動かすと良いです。

まとめ

昼寝の後だけ頭痛くなる時に使える薬を紹介しました。
また、薬を使わない頭痛の対処法も紹介しました。

昼寝の後だけ頭痛くなるなら、痛み止めの薬を使えばよいです。
定番の痛み止めのロキソニンを使うと良いでしょう。

昼寝の後だけの頭痛なら、血行の問題なので、簡単に治せます。
むしろ、大げさに対処すると、副作用におびえることになります。
頭痛の原因に気を付け、予防するほうがだいぶ楽ですよ。