趣味がないからつまらない・・・無趣味が悩みなら解決策はこれ

趣味がないからつまらないと嘆いていませんか?

僕も趣味がなくて悩んでいました。
今でさえ、ネット小説や読書という、交流には使いにくいことをしています。
しかし、日常生活を少し楽しめるようになってきました。

無趣味の解決策を紹介します。

趣味がないからつまらない。でも、何も始める気になれない

趣味がないからつまらない。
でも、何も始める気になれない。
そんな気持ちはありませんか?

なぜなら、やっても意味がなさそうだからです。
無駄になることを恐れていませんか?

確かに無駄は怖いです。
お金や時間を費やして、少しの間を楽しんで、でも振り返ってむなしくなったら。
そんなことを考えてしまいます。

しかし、変わりたいとも思っていますよね?

無趣味でつらい?趣味を大げさに考えすぎてない?

趣味を大げさに考えすぎていませんか?

世の中、趣味ですごいことをしている人が確かにいます。
しかし、「極めなければ趣味ではない」と思うのは間違いです。
いつも何となくしていることも、立派な趣味です。

Youtubeの動画を見る、SNSの投稿を読むなど、何気ないことでいいんです。
料理、掃除、片づけといった家事も趣味と呼べますね。
読書(ネット小説、Kindle)、アニメ(Youtube、Netflix)、写真(スマホカメラ)などの定番の趣味にも簡単に手が出せます。

無趣味がつらい理由は自分の価値を考えるから

無趣味でつらい理由は、自分の価値を考えるからです。

暇な時間に、どんなことを考えていますか?
何もしていない自分に、悲しくなっていませんか?
将来への不安を意識して、辛くなっていませんか?

無趣味がつらい理由は、自分の価値を考えるからです。
自分について考えることは、本来とても大事なことです。
しかし、ネガティブな点ばかり見てしまい、辛くなっているはずです。

僕も、自分には何もできないと考えて、不安になります。
好きなことも、興味あることも、何をすればいいかもわからない。
正直、このブログも好きなことを探すために書いています。

好きなことの主な条件は、没頭できてスキルアップが望めることです。
だから、没頭しやすい環境づくり(ミニマリスト)を心がけています。
スキルアップしやすい下地作り(健康、代謝上昇による脳力アップ)にも力を入れています。

日々を楽しむ条件を紹介!無趣味でつらい気持ちから逃れるためにできること

条件その1:価値があると思える行動

楽しむための条件1つ目が、価値があると思える行動です。

その行動に価値があると思えないと、途端につまらなくなります。
僕も、スマホゲームに手を出してしばらくは楽しみます。
しかし、「時間の無駄だなぁ」と感じた瞬間、すぐにつまらなくなってしまいます。

健康に効果がある、友人を楽しませられるなど、価値の実感が大切です。
続くし、楽しめます。
何か始めても、「無駄になるんじゃないか?」とすぐ疑っていませんか?

条件その2:集中できる環境

楽しむための条件2つ目は、集中できる環境です。

楽しい時間って、すぐに過ぎ去りますよね。
それだけ集中しているということです。
集中できるから、楽しむことができます。

スマホの通知が頻繁に襲ってきませんか?
周囲の目が気になっていませんか?

条件その3:わかりやすい結果がすぐに得られる

楽しむための条件3つ目は、わかりやすい結果がすぐに得られることです。
前進している感覚があると楽しめます。

ゲームを楽しむ人が多い理由はこれですね。
物語の進行やアイテムの入手、クエストの達成率など、具体的でわかりやすいです。

成果が目に見えてわかることや、上達を実感できることが、楽しむための秘訣です。
変化が分かりづらくて、イライラしていませんか?
新しいことを試しても、すぐにやめていませんか?

無趣味でつらい日常から抜け出す工夫

普段の行動に手抜きを求める

普段の行動に手抜きを求めてみませんか?

その行動をしなくて済ませる方法はないでしょうか?
部屋の掃除なら、掃除機よりもブラーバやルンバのほうが楽です。
風呂掃除なら、残り湯に重曹を溶かせば、スポンジで力を入れずに済みます。
友人に場所を提供してお詫びに掃除してもらう、という手もあります。

やりたくないことなら、やらずに済ませたいですよね。
ずっと続けたいですか?

日常生活の質を上げる

日常生活の質を上げるのも、楽しみ方の1つです。

手抜きとは逆に、クオリティを追い求めてみましょう。
こだわりは個性になります。

簡単で美味しいものを食べたいと思いませんか?
筋トレを楽にして、筋肉を効率よく鍛えたいと思いませんか?
部屋の雰囲気を、お金をかけずに変えたくありませんか?

どうしても無趣味でつらい場合は趣味を作る準備をする

どうしても無趣味でつらい場合は、趣味を作る準備をしましょう。

楽しむための条件を確認しますと、

  • 価値があると思える行動
  • 集中できる環境
  • わかりやすい結果がすぐに得られる

価値は考え方、結果は工夫次第です。
それに対して、集中力は鍛えることができます。

集中力の訓練はメンタル強化にもなります。
周囲の目や誘惑に強くなるため、少し環境が悪くても、物事を楽しめるようになれます。

集中力をあげ、ストレスに強くなる訓練は以下の通りです。

  • 瞑想(何分間つらくならなかったか)
  • 歩き回る(室内でよい)
  • 筆記開示

筆記開示とは、頭に浮かんだ不安や悩みなどをひたすら書き出すことです。
1日8分から効果がありますよ。

参考:8分でストレスに強い脳を作るテクニックが確認された件|パレオな男

どれも室内でできます。
また、趣味づくりの準備という価値がある行動です。
結果も、何分続いたか、どのくらいの量を書けたかと比較できます。

集中力を鍛えて、日々の不安を軽くしたいと思いませんか?

まとめ

無趣味でつらい理由は、暇だからこそ、自分の価値に悩んでしまうためです。

楽しむための条件は以下の3つです。

  • 価値があると思える行動
  • 集中できる環境
  • わかりやすい結果がすぐに得られる

無趣味でつらい日々から抜け出すには、以下のことを試してみませんか?

  • 普段の行動に手抜きを求める
  • 日常生活の質を上げる
  • どうしても無趣味でつらい場合は趣味を作る準備をする