筋肥大の効果を高めるプロテインのコスパランキング~おすすめはあのブランド

筋トレの注目が高まっています。

筋肉を鍛えればストレスに強くなり、血行が良くなり、見た目や姿勢もよくなります。
損な筋トレの効果を高めてくれるのが、プロテインです。
プロテインは吸収率が高いため、筋トレ後の筋肥大化効果を高めてくれます。

そんなプロテインですが、製品数は膨大です。
どうせ使うなら、コスパの高いプロテインを選びたくありませんか?

筋肥大の効果を高めるプロテインのおすすめを、ランキング形式で紹介します。

筋肥大の効果を高めるプロテイン コスパNo.1は海外ブランドのマイプロテイン

筋肥大の効果を高めるプロテインを選ぶなら、コスパNo.1はマイプロテインです。

値段は安く、味は豊富で、種類もホエイ、ホエイアイソレート、カゼイン、ソイなど幅広いです。
公式HPには、増量用や減量用といった、目的別の項目も用意されています。
情報収集にいかがです?
セール情報を見逃すかもしれませんよ?



マイプロテイン公式HP

プロテインの選び方の基準

プロテインの選び方の基準を紹介します。

選び方の基準は、以下の4つです。

  • タンパク質含有量率が高いか
  • 味の種類が豊富か
  • コスパが高いか
  • 体質に合っているか

順に説明します。

タンパク質含有量率が高いか

タンパク質含有量率が高ければ、1日のプロテインの消費量を節約できます。

プロテインを飲む目的は、タンパク質の補給です。
タンパク質含有率が高いということは、プロテイン中のタンパク質が多いということですよね。

1kg当たりの値段が同じなら、タンパク質含有率の高いプロテインのほうが、コスパが高いです。
1日に消費するプロテインの量を減らせるので、買ったプロテインをより長期的に使用できます。

味の種類が豊富か

プロテインの味は大事です。
どんなに質の良いプロテインでも、嫌いだったり、飽きてしまえば続きません。
味の種類が豊富なら、飽きることはないでしょう。

なお、プロテインは基本的に甘いため、お菓子やヨーグルト、コーヒーに混ぜることもできます。
ノンフレーバーであれば、料理に混ぜられます。
調味料という意味でも、味の豊富さは大切なのです。

コスパが高いか

筋肥大を目指すなら、プロテインとは長い付き合いになります。
長く付き合うなら、コスパの高さが重要です。

コスパの判断基準は、1回分の金額や効果の高さ、味の好み、入手の手間です。
これらの基準のバランスを取ります。
いくら効果が高くても、1回分の金額が高ければ次の購入をためらいます。
簡単に入手出来ても、嫌いな味なら続きません。

コスパの低いプロテインを、我慢しながら続けたいですか?

体質に合っているか

プロテインを選ぶとき、体質に合っているか調べ忘れないようにしましょう。
筋肥大に効果的なプロテインですが、種類によっては体調を崩してしまいます。

例えば、牛乳は平気ですか?
日本人の中には、牛乳を一定量以上飲むとおなかを壊してしまう人がいます。
乳糖不耐症というものです。
日本人は、乳糖を分解する酵素が少ないため、入ってくる乳糖が多すぎると分解しきれません。
日本人の祖先が乳製品を食料にしていなかったため、乳糖の耐性が低いのです

ホエイプロテインの原料は乳清です。
乳糖不耐症の方は、普通のホエイプロテインを大量に飲むとお腹を壊すかもしれません。
その場合は、小分けにして飲む頻度を増やすか、乳糖を取り除いたホエイアイソレート(WPI)を選ぶとよいでしょう。

他に、FODMAPやアレルギーの問題があります。
小麦がダメなら、グルテンフリーのプロテインを選ぶとよいです。
値段を気にしないなら、ホエイアイソレートが安全です。

筋肥大におすすめ!コスパの良いプロテイン ベスト3

コスパ3位 国内製品 ザバス ホエイプロテイン


3位は国内製品の「ザバス ホエイプロテイン」です。

Amazonで1050g 3981円(ココア味 2020年8月3日現在)です。
21g中、タンパク質15.0gなので、タンパク質含有率は70.7%と高めです。
(公式HPの表記は75%だが誤記?)

値段はイマイチですが、ドラッグストアやスポーツジムなどで手軽に入手できます。
タンパク質の合成を補佐するビタミンB群が豊富なので、多少食生活に偏りがある方でも筋肥大の効果アップが期待できます。
溶けやすいので、ダマが出来にくく飲みやすいです。

手軽さ、配合ビタミン、飲みやすさを考慮すれば、コスパが良いです。

コスパ2位 海外製品 コンバット ホエイプロテイン


2位は、海外製品の「コンバット ホエイプロテイン」です。

Amazonで2.2kg 5599円(チョコレートミルク風味 2020年8月3日現在)です。
1kgあたり2545円です。
1スコップ33g中、タンパク質は25gなので、タンパク質含有率は75.7%とかなり高めです。

コスパ1位 海外製品 Impact ホエイ プロテイン


1位は海外製品の「Impact ホエイ プロテイン」です。

Amazonなら1kg 2980円(ナチュラルチョコレート味 配送料込み 2020年8月3日現在)、公式HPならば1kg 2790円で、コスパがいいです。
公式HPなら頻繁にセールをしているため、さらに安く買えます。
タンパク質含有率は73%と高めです。
(公式HPの成分表の表記(82%)はノンフレーバーの数値なので注意)
また、味が豊富で50種類以上あり、選ぶ楽しみがあります。

プロテインは開封しなければ賞味期限が1年以上のため、まとめ買いでコスパが高くなる

プロテインは開封しなければ1年以上持ちます。
そのため、まとめ買いすれば、送料やセールの分だけコスパが高くなります。

非常食の1つとして、備蓄しませんか?