少しでもAGAを防ぎたい!DHTの減らし方

脱毛の対策、してますか?

近年、髪の脱毛で悩む男性が増えていますよね。
AGA(男性型脱毛症)について調べていると、DHTが原因という結論にたどり着きます。
どうすれば抑制できるのでしょうか?

DHTの減らし方を紹介します。

DHTを減らすには健康を目指すか薬を飲む

DHTを減らすには、健康を目指すか、AGA治療薬を飲みましょう。

具体的な方法は、以下の通りです。

  • ストレスを減らす
  • 運動で汗をかく
  • フィナステリド配合のAGA治療薬を飲む

脱毛原因の1つ DHT

脱毛原因の1つがDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンです。
AGAの主原因でもあります。

DHTは男性ホルモンの1種で、テストステロンの強化版です。
テストステロンが5アルファリダクターゼと結合することで生成されます。

DHTが脱毛原因になる理由は、皮脂で毛穴を詰まらせるため

DHTが脱毛原因になる理由は、皮脂で毛穴を詰まらせるためです。

DHTと結合する受容体は、主に皮脂腺に存在します。
DHTが受容体と結びつくと、皮脂の分泌量が増えます。
皮脂が増えて毛穴が詰まるため、脱毛やニキビの原因になるんです。

DHTはコルチゾールを抑えてくれる?

DHTの問題点ばかり目につきますね。
でも、DHTにはストレスホルモン「コルチゾール」を抑えてくれる効果があるようです。

コルチゾールは、体内の炎症を抑えてくれる効果もありますが、デメリットも多いんです。
内臓脂肪が増えたり、病気にかかりやすくなったり、体内時計が狂って眠れなくなったりします。
DHTはコルチゾールを抑制することで、コルチゾールのデメリットを抑えてくれるようです。

DHTの減らし方

ストレスを減らす

DHTの減らし方その1は、ストレスを減らすことです。

ストレスを減らすと、DHTを減らすことができます。
ホルモンバランスが正常になるためです。

ストレスがたまると体内で炎症が起き、自律神経やホルモンのバランスが乱れます。
男性ホルモンも例外ではありません。
テストステロンの分泌量が減り、バランスが乱れてしまうんです。

バランスを補うために、強い影響力を持つ男性ホルモンDHTが増えるんです。

ストレスを減らせば、男性ホルモンのバランスも正常に戻り、DHTも減ります。
ストレスを減らすには、食事や運動、睡眠など、健康的な生活を目指すのが一番ですよ。

運動で汗をかく

DHTの減らし方その2は、運動で汗をかくことです。

汗や尿でDHTを排出できます。
運動すれば血行が良くなって髪に栄養が届きます。
ストレスも解消できるので、脱毛対策にうってつけです。

フィナステリド配合のAGA治療薬を飲む

DHTの減らし方その3は、フィナステリド配合のAGA治療薬を飲むことです。

DHTは、テストステロンと5アルファリダクターゼが結びついて生成されます。
フィナステリドは、5アルファリダクターゼを抑制することで、DHTの生成を抑えてくれるんです。

フィナステリド配合のAGA治療薬は、プロペシアです。
プロペシアには、ジェネリックもありますよ。

あなたの脱毛の原因は本当にDHT?

あなたの脱毛の原因は、本当にDHTでしょうか?

現代の生活には、脱毛の原因が数多く潜んでいます。
例えばこんな感じです。

  • 皮脂の落とし過ぎ
  • シャンプー等のすすぎ残し
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 眼精疲労
  • ストレス過多
  • 栄養バランスの乱れ
  • etc.etc.

5アルファリダクターゼの量は、遺伝で決まります。
ハゲの家系でなければ、脱毛の根本原因はDHT以外にあると考えたほうが良いでしょう。

まとめ

DHTの減らし方を紹介しました。

DHTの減らし方は、以下の通りです。

  • ストレスを減らす
  • 運動で汗をかく
  • フィナステリド配合のAGA治療薬を飲む

不健康だと、ホルモンバランスが乱れて、DHTの量が増えます。
睡眠不足に運動不足、偏った食生活など、現代人には不健康になる要素がたっぷりです。
プロペシアなどでしのぎつつ、生活スタイルを見直してみませんか?