牛乳とヨーグルトどっちがいいか~決めるための違い

牛乳とヨーグルト、どっちが好きですか?

「牛乳とヨーグルトどっちがいいか」と聞かれると、悩みませんか?
ヨーグルトは牛乳を材料にしているので、どっちでもいいかもしれません。
でも、選ぶなら基準があったほうが助かりますよね。

牛乳とヨーグルトの違いを紹介します。

牛乳とヨーグルトの違い

乳酸菌の量

乳酸菌の量は、基本的にヨーグルトのほうが多いです。

ほとんどの牛乳は乳酸菌が入っていません。
高温殺菌のときに、乳酸菌が全滅しているためです。

低温殺菌の牛乳であれば、乳酸菌が生きています。
ただし、手間がかかるため少し値が高く、消費期限も高温殺菌のものよりも3日短いです。

砂糖の量

砂糖の量は、種類によりますが、ヨーグルトのほうが多いです。
味付けに使われるためです。
ただし、プレーンタイプのヨーグルトは、砂糖が入ってません。

乳糖の量

乳糖の量は、牛乳のほうが多いです。
ヨーグルトの場合、発酵により乳糖の一部が分解されるためです。
また、乳酸菌が乳糖の分解を助けてくれます。

牛乳を飲むとおなかを壊す理由は、この乳糖にあります。
乳糖を分解する酵素が少ないせいです。

「牛乳とヨーグルトどっちがいいか」問題はヨーグルトの勝ち

「牛乳とヨーグルトどっちがいいか」と聞かれたら、僕はヨーグルトを選びます。

決め手は乳酸菌です。
乳酸菌は腸内環境を整えてくれます。
腸は「第二の脳」と呼ばれ、環境が改善すれば睡眠の質が上がり、ストレスに強くなれます。

また、口内環境にも影響し、虫歯予防や口臭対策にもなります。
虫歯菌や歯周病菌の活動を抑制してくれるそうです。

なお、腸内にしろ口内にしろ、細菌は多様性が大切です。
いろんな種類の乳酸菌をとりつつ、エサになるプレバイオティクスを忘れずに。