キャッシュレスのお試し?PayPayを使ってみた感想

PayPay、CMで有名ですね。

2019年10月から始まる国のキャッシュレス・消費者還元事業も、関心を集める一因だと思います。
ただし、僕は使ったことがありませんでした。

西友での高ポイント還元を理由に使ってみたので、感想を書きます。

持ち物を増やさずキャッシュレスにできるPayPay

PayPayの利点は、持ち物を増やさずキャッシュレスにできることです。

キャッシュレスのためには、基本的に以下のものが必要です。

  • クレジットカード
  • プリペイドカード
  • Felicaスマホ

Felicaスマホを持っていない場合、キャッシュレスのためにカードを持ち歩かなければいけません。
しかし、PayPayを使うことで、支払用の荷物をスマホだけにできます。

お得なイベント「ワクワクペイペイ」

PayPayは様々な形で「ワクワクペイペイ」というイベントを実施しています。
対象の店舗でポイント還元率が上がったり、買い物におまけがついたりします。
最大で10%還元されることもあるようですね。

注意:高ポイント還元率の条件は厳しめ

「ワクワクペイペイ」の中には、ポイント還元率が高くなるイベントもありますが、条件に注意が必要です。

PayPayにはいくつか支払方法があるのです。
そして、高ポイント還元率の条件を満たすには、以下の方法で支払わなければいけません。

  • PayPay残高
  • ヤフーカード

他のクレジットカードもPayPayに登録して使えます。
ただし、ポイント還元率は0.5%です
楽天カードなど、もともとの還元率が高いカードだと損します。

PayPay残高にチャージするには、セブン銀行atmまたはYahoo!関連のサービスを利用しなければいけません。
Softbankかワイモバイル以外のスマホを使っていると、Yahoo! Japan IDと銀行の登録が必要になるでしょう。

PayPayは使いづらい

ワクワクペイペイ期間だったので、西友でPayPayを使って見ました。

正直、使いづらいですね。
手順と制限が多いためです。

手順が多い

西友でPayPayを使ったとき、手順は以下の通りでした。

  1. レジに並ぶ
  2. PayPayを起動
  3. スキャンモードに変更
  4. 西友レジにあるQRコードをスキャン
  5. 金額を入力

手順、多すぎ。
クレジットカードやプリペイドカードなら、機械にカードを通すだけです。
カードなら1つだった手順が、PayPayの場合は4つに増えています。

使えるレジが制限されている

また、制限はPayPay対応レジでしか使えないことです。
僕はスーパーでセルフレジを使っています。
待ち時間が短いし、クレジットカード払いできるためです。
セルフレジを使えないPayPayと比べたら、

  • レジの待ち時間
  • PayPayの準備
  • 金額の入力

時間がかかりすぎです。

PayPayを使うメリットはイベント還元だけかも

PayPayを使うメリットは、イベント還元だけのような気がします。
手間が増えるし、セキュリティの心配もあるためです。

まず、PayPayは支払の手順が多いため、手間がかかります。
現金払いに比べれば、時間を短縮できるかもしれません。
しかし、現金払いをする人の多くは、高齢者やクレジットカードを信用できない人、カードを持てない人だと思います。

高齢者の場合は小銭の計算という、痴呆防止を兼ねています。
クレジットカードを信用していない人は、PayPayも使わないはずです。
カードを持てない人なら役立ちそうですが、口座にお金を残しているでしょうか?

また、セキュリティも心配です。
セキュリティ評価の国際基準からすると、7段階評価でFelicaが6強(2012年7月末)、銀行が3~4らしいですね。
PayPayのセキュリティはスマホに依存します。
モバイルSuica等を経由すると、Felicaもセキュリティ評価が変わるかもしれません
それでも、Felicaのほうが安全な気がします。

まとめ

PayPayを使ってみた感想を書きました。

楽天カードを使っている身としては、すごく使いづらいです。
国のキャッシュレス・消費者還元事業はクレジットカードやFelica決済も対象になります。
PayPayはイベント中の高ポイント還元率を除いてデメリットのほうが多いので、早めに使い切って削除したいと思います。