八つ当たりされる人の特徴と対処法

嫌なことがあるとイライラしますよね。

イライラするだけなら個人の自由です。
しかし、そのストレスを八つ当たりで晴らす人がいます。
そんな人のターゲットにされたら、貴重な時間を無駄にしてしまいます。

お金や権力のある人は八つ当たりされませんし、賢い人はうまくあしらいます。
八つ当たりされやすい人にはどんな特徴があるのでしょうか?
対処法とともに紹介します。

八つ当たりされやすい人の特徴

言い返さない

八つ当たりされやすい人は、言い返さない人です。
「反論されない、されても言い負かすことができる」と思われているためです。

不満をぶつけても、言い返されたらさらに不満がたまりますよね。
反論されないから、安心して八つ当たりできるんです。

やさしい人や気弱な人、受け身な態度をとりやすい人などが該当します。

不満を持たれやすい

八つ当たりされやすい人は、不満を持たれやすい人です。
「普段は我慢してあげている」と思われているためです。

自身を正当化する言い訳があるため、八つ当たりできます。

失敗ばかりしている人やマナーのない人、迷惑ばかりかけている人などが該当します。

下に見られている

八つ当たりされやすい人は、下に見られている人です。
「どうせ反撃できないだろ」と思われているためです。

いくらイライラしても、目上の人に八つ当たりなんてしたら、手痛い反撃を受けます。
弱みを握っている相手なら、反撃されても仕返しできます。

職場の上下関係や貸し借り、強気に出られない理由のある人などが該当します。

八つ当たりされる理由は安全な奴と認識されているから

八つ当たりされる理由は、安全な奴と認識されているからです。
反撃なんてされない、されても大したことがないと思われているんです。

逆に、以下のように思われれば八つ当たりされません。

  • 相手をするのがめんどくさい(堀江貴文さんは、毎回論理的な議論に持ち込んでたら不良に絡まれなくなった)
  • 手痛い反撃が返ってくる(八つ当たりしたら録音されて、もっと上の人から叱責された)
  • 何をするかわからない(メンタリストDaiGoさんは、キレて技術室のナタを投げつけたらいじめが止んだ)

八つ当たりされたらこうしよう。4つの対処法

距離をおく

八つ当たりされたときの対処法1つ目は、距離を置くことです。

八つ当たりの目的は不満の押し付けです。
八つ当たりをちゃんと受けてもらえない人だと思われれば、八つ当たりされにくくなります。
軽く流す、無視などの方法で距離を置きましょう。

物理的にも心理的にも離れてしまえば、被害を受けることもありません。

思い切り叩き潰す

八つ当たりされたときの対処法2つ目は、思い切り叩き潰すことです。

正面から反論しましょう。
八つ当たりしたらかえってストレスになる相手と認識されれば、八つ当たりを避けられます。
思い切り反論している様子を周囲に見せれば、予防策にもなります。

ただし、完全に黙らせることができなければ、逆恨みされるかもしれません。
ハイリスクなので、確信を持てるときか、今後滅多に会うことがない相手に限定しましょう。

(親しい間柄限定)冷静になるのを待って反論する

八つ当たりされたときの対処法3つ目は、冷静になるのを待って反論することです。
親しい相手の八つ当たりならば冷静になるのを待ち、相談に乗りましょう。

八つ当たりしてくる相手が親しい人の場合、接し方に悩むはずです。
相手が冷静になってから、不満を伝えましょう。
親しい間柄だからこそ、「あんなふうに言われるのは気分が悪かった」と伝えるべきです。

不満を伝えた時の反応から、関係性を見直すことができます。
お互いを思いやれる関係なら、謝罪の言葉が返ってくるはずです。
開き直るようなら、付き合い方を考えたほうが良いでしょう。
今後も遠慮なく八つ当たりしてくるためです。

憐れみを込めて思いっきり許すフリをする

八つ当たりされたときの対処法4つ目は、憐れみを込めて思いっきり許すフリをすることです。

八つ当たりを聞いているフリをして、可哀そうな人扱いしてあげましょう。
「わかってます。家庭内に居場所がなく、相談できる友達もいないから、私に言って発散するしかないんですよね。」
「ええ、ええ、言わずとも大丈夫です。あわれゴホン、本当に言いたいことは分かってますから。」

最後まで話させず、思い切り諭してあげましょう。
「聞く耳を持たないやつ」と認識されれば、からまれなくなります。

まとめ 八つ当たりされたら勇気を持って対処したほうがいい

八つ当たりされる人の特徴と対処法を紹介しました。

八つ当たりされやすい人は、反撃されない安全な奴と思われている人です。
面倒・危険と判断されれば八つ当たりされなくなります。

会話が苦手な人や嫌いな相手に反論するのは勇気が必要です。
しかし、対抗しなければ今後も八つ当たりされます。
このまま被害を受け続けていいんですか?

余計な一言 スピリチュアルだから八つ当たりされるのかも

「八つ当たりされやすい スピリチュアル」でこのページにたどり着く人もいるようです。

八つ当たりされやすい人は、対処法を知らないから。
悪い言い方をすると、「こいつ頭悪いから危ない反撃なんてしてこないだろ」と思われているんです。

また、「スピリチュアルな人は知能が低い」という研究結果もあります。
もしかしたら、スピリチュアルだから八つ当たりされるのかもしれません。

自分で自分の人生を切り開くか、スピリチュアルという他人に自分の人生を預けるか。
お好きにどうぞ。

あわせて読みたい