筋トレ後すぐ寝るっていいの?筋肉を増やす睡眠のタイミング

筋トレした日に、ちゃんと寝てますか?

筋肉を増やすには、筋トレと食事だけでなく、睡眠も必要です。
筋肉は睡眠中に増えるためです。

しかし、筋トレ後にすぐ寝ると、筋肉はあまり増えません。
筋トレの効果を高める睡眠のタイミングを説明します。

筋トレ後すぐ寝るよりも、時間を空けて寝たほうが効果的

筋肉を強く太くしたいなら、筋トレ後すぐ寝るよりも、時間を空けて寝たほうが効果的です。

体や脳が興奮状態になって眠れないためです。
夕方くらいに筋トレして、夜にぐっすり寝ることが理想ですよ。

筋トレの効果を高めるなら寝る

筋トレの効果を高めるなら、寝ることが大切です。
筋肉は睡眠中に増えます。
筋肉を修復するホルモンが、睡眠中に多く分泌されるためです。

筋肉はいつ増えると思いますか?
ご存知かもしれませんが、筋トレ中ではありません。
睡眠中に増えます。

筋トレでは、筋肉に傷をつけています。
そして傷ついた筋肉は、修復時に強く太くなるんです。。
この修復を「超回復」といいます。

超回復は主に睡眠中に生じます。
睡眠中に成長ホルモンの分泌が活発になり、筋肉の修復が進むんです。

筋トレの効果を高めるなら寝る時間よりもよりもぐっすり寝る

筋トレの効果を高めるなら、寝る時間よりもぐっすり寝ることが大切です。
睡眠が深いほど、成長ホルモンの分泌が良くなるためです。
また、寝る時間が長いからと言って、睡眠が深くなるわけではないからです。

筋肉を修復する成長ホルモンは、眠りが深ければ深いほど、分泌がよくなります。

睡眠にはサイクルがあり、ノンレム睡眠とレム睡眠を約90分単位で繰り返しています。
そして、最初のサイクルの眠りが最も深くなり、以降浅くなります。
だから、寝る時間が長くても、睡眠の後半部分が浅いため、成長ホルモンがあまり分泌されません。

成長ホルモンの分泌量にかかわるため、筋トレの効果を高めるなら、寝る時間よりもぐっすり寝ることが大切なんです。

筋トレ後すぐ寝ると成長ホルモンがあまり分泌されない

筋トレ後すぐ寝ると、成長ホルモンがあまり分泌されません。
眠りが浅くなるためです。

筋トレ後すぐ寝る人がいます。
寝ることで成長ホルモンを分泌させ、筋肉の傷を早めに修復させたいのでしょう。
なるほど、傷の手当は早いほうが良いですし、超回復のことをよくわかっています。

しかし、筋トレ後すぐ寝ることに、あまり意味はありません。

筋トレすると体温が上がりますよね。
筋トレで体温が上がると、下がるまで時間がかかるんです。
そして、体温は睡眠と深く関わっています。

筋トレ後すぐ寝ると、体温が上がったままノンレム睡眠に入ります。
しかし、体温が上がったままでは、深いノンレム睡眠にはなりません。
体温が下がる頃には、最初の90分を逃してしまいます。
結果、眠りが浅くなり、成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます

また、睡眠時間にも以下のような影響が出ます。

  • 眠りが浅いので目が覚めやすく、睡眠時間が減る
  • いくら寝ても疲れがとれず、睡眠時間が長くなる

まとめ

筋トレの効果を高める睡眠のタイミングを説明しました。

筋トレの効果を高めるなら、筋トレ後すぐ寝るのではなく、時間を空けたほうが良いです。
筋トレ後にすぐ寝ると、睡眠の質が下がってしまいます。

仕事や用事などで、寝る直前にしか筋トレできないかもしれません。
睡眠直前に筋トレするなら、負荷をかけすぎず、余力を残せば体温の上昇を抑えられます。

鍛えた気がしない?
気分が大事なら思い切り鍛えましょう。
眠りの質は悪くなりますが、お好きなようにどうぞ。