恩着せがましい人の心理と対処法

恩着せがましい、そう思ったことはありませんか?
気遣いに気づいても、素直に感謝できないこともあるでしょう。

特に「やってあげてるのに」と言われれば、恩着せがましく感じるはずです。
頼まれていないことをして感謝を強要する、恩の押し売りをされても困りますよね。

恩着せがましい人は、何を考えて行動するのでしょうか?
心理と対処法を紹介します。
また、恩着せがましい言い方をしてしまうときの直し方も紹介します。

恩着せがましい人の対処法は付き合いを浅くする

恩着せがましい人の対処法は、付き合いを浅くすることです。

具体的には、以下の方法があります。

  • 受け取り方を変える
  • 先に感謝する
  • 少しずつ距離をとる

恩着せがましい人の心理

素直に頼めない

素直に頼むことができないため、見返りという形で頼みごとをします。
頼ることに後ろめたさがあるのかもしれません。
単なるお願い下手です。

認められたい

自分の行動を褒められたい、認められたいと願っています。
承認欲求が満たされなくて、恩着せがましくなるんです。
自分を認められないため、他人に認めてもらおうとしています。

思い通りに操りたい

返報性の原理のもとに、相手を思い通りに操りたいと考えています。
恩を押し付けて、罪悪感を持たせたいのです。

恩着せがましい人の対処法

受け取り方を変える

恩着せがましい人の対処法その1は、受け取り方を変えることです。
言葉通りに受け取らず、都合よく解釈してあげましょう。

恩着せがましい人は、認められたいけれど、素直に接することができないんです。
そのような態度しかできない、かわいそうな人なのです。
言葉通りには受け取らず、ツンデレなどと考えて、哀れみながら対応してみましょう。

先に感謝する

恩着せがましい人の対処法その2は、先に感謝することです。

恩着せがましい態度に出られる前に、日ごろから感謝を伝えましょう。
認められたいという目的が叶えば、態度も軟化します。

少しずつ距離をとる

恩着せがましい人の対処法その3は、少しずつ距離をとることです。

恩着せがましい人は、過去にした恩の押し売りを、いつまでも引きずります。
付き合いが長ければ、押し付けられた恩も積み上がり、より面倒な人になります。
感謝を伝えつつ、少しずつ距離をとり、疎遠になることが理想です。

恩着せがましい言い方を直すには意識の見直す

意識の見直し

恩着せがましい言い方を直すには、意識を見直してみましょう。

恩着せがましい人の心理を、上で述べました。
つまり、あなたも「相手に認められたい」「相手を支配したい」と考えているんです。
心あたりはありませんか?

これらの考えは心の弱さの一端でもあります。
メンタルを強化することで、改善する可能性がありますよ。

直した言い方で練習する

意識を見直したら、言い方を直して練習しましょう。

恩着せがましい言い方をしてしまうのは、その言い方がクセになっているからです。
つい使ってしまう恩着せがましい言い方を記録します。
記録した言い方を別の言い方に直し、何度も音読して、クセを矯正します。

癖が治るまで、何度も練習あるのみです。

まとめ

恩着せがましい人の心理と対処法を紹介しました。

恩着せがましい人は、認められたい、支配したいという欲求を持っています。
ただし、たまに単なるお願い下手な人もいます。

恩着せがましい人の対処法は以下の通りです。

  • 受け取り方を変える
  • 先に感謝する
  • 少しずつ距離をとる

恩着せがましい言い方をしてしまうときは、自分の意識を見直しましょう。
見直してから、言い方の癖を直すと良いです。

恩着せがましい人は、なかなか面倒です。
特に親の恩着せがましいと、育てられた恩が弱みになります。
やはり、距離をとり、たま

に会うのが一番気楽だと思います。
とは言え、介護やら親戚づきあいやら、気になることも多いので、最善の方法を探してみませんか?