エアコンつけっぱで寝たら風邪引いた~対策と治し方

夏は暑い夜が続きますね。

暑いままだと眠れないけど、エアコンをつけっぱなしで眠るのも避けたいかもしれません。

電気代の節約や夏風邪の予防のためです。

特に夏風邪を引くと治すのが大変ですね。

夏風邪予防のために、エアコンつけっぱで寝たら風邪を引く理由を説明します。

また、夏風邪を予防する対策と治し方も説明します。

エアコンつけっぱで寝ると夏風邪を引く理由

こんにちは、エアコンをつけっぱにして寝たら、風邪を引いたスコーフです。

エアコンをつけっぱなしで寝ると、のどの調子が悪かったりしませんか?

エアコンで夏風邪を引く理由は以下の通りです。

空気が乾燥する

夏は空気が湿っています。

しかし、エアコンをつけたままの部屋の空気は乾燥しているんです。

乾燥していれば体感温度が下がって涼しく感じますが、口の中が乾きやすくなります。

除湿モードにしていれば、なおさら乾きます。

設定温度が低い

当然ですが、設定温度が低ければ部屋の温度も下がります。

温度の低い場所で寝れば、体が冷えて風邪を引きやすくなります。

また、室内の温度を下げすぎると、外に出た時の温度差で自律神経が乱れます。

自律神経の乱れにより、体調を崩しやすくなります。

風が体に当たる

エアコンの風が体に直接あたっていませんか?

風を浴びると汗が気化して、皮膚の温度が下がります。

眠っている間に風を浴び続ければ、体温が下がりすぎてしまい、最悪の場合は死に至ります。

エアコンで風邪引くのを防ぐ方法

加湿する

加湿して、部屋の湿度を調整しましょう。

加湿器があると便利ですが、必須ではありません。

濡らしたタオルを干すだけで、乾燥を防げます。

風を直接浴びない

エアコンの風を直接浴びないようにしましょう。

エアコンの風を上向きに設定したり、扇風機を使ったりすれば、風向きを変えられます

カラーボックスを並べる、メタルラックに仕切りをつけるなど、ベッドの近くに風除けを置くこともできます。

室温が快適なら、長袖長ズボンでも良いでしょう。

僕、スコーフは、エアコンつけて半袖ステテコで寝たら、夏風邪を引きました。

ベッドの位置がエアコンの風に当たっていたためです。

それ以降、エアコンつけっぱで寝るときは、長ズボンジャージを履いています。

夏風邪も引いていませんよ。

設定温度を高めにする

設定温度を高めにしてみましょう。

エアコンで空気が乾燥するため、設定温度よりも低く感じます。

最初だけ除湿すれば、暑さを我慢する時間も短くできます。

節約にもなりますよ。

夏風邪の治し方

夏風邪の治し方を紹介します。

基本的には普通の風邪と同じです。

暖かい格好をする

暖かい恰好をしましょう。

体温を高く保てば免疫力を高められます。

暑すぎるときは、冷やしたり薄着になったりで体温調節しましょう。

まめに汗を拭くことも体温調節につながります。

外出するときは長袖長ズボンを着て、上着を持ちましょう。

薄着だと、冷房が効き過ぎの部屋に入ったり風を浴びたりして、体を冷やすかもしれません。

なので、上着を忘れずに。

首回りや脇を冷やす

体温の上げ過ぎも良くありません。

熱すぎるときは、首回りや脇を冷やしましょう。

スポーツドリンクや塩水で水分補給

こまめに水分補給しましょう。

ただでさえ暑いのに、風邪を引けば汗をかきます。

脱水症状を起こさないために、水分補給を忘れないようにしましょう。

汗をかけば、水分だけでなく塩分もなくなります。

水よりも、スポーツドリンクや塩水を飲んだほうが良いです。

まとめ

エアコンつけっぱで寝たら風邪を引く理由と、夏風邪の対策および治し方を紹介しました。

夏は暑くて寝苦しいので、風邪を引いても寝て治せません。

夏風邪予防のポイントは、エアコンの風向きと乾燥です。

うまく予防しましょう。